[日本語] English
- PDB-4kgc: Nucleosome Core Particle Containing (ETA6-P-CYMENE)-(1, 2-ETHYLEN... -

+
データを開く


IDまたはキーワード:

読み込み中...

-
基本情報

登録情報
データベース: PDB / ID: 4kgc
タイトルNucleosome Core Particle Containing (ETA6-P-CYMENE)-(1, 2-ETHYLENEDIAMINE)-RUTHENIUM
要素
  • (DNA (145-mer)) x 2
  • Histone H2AヒストンH2A
  • Histone H2B 1.1
  • Histone H3.2
  • Histone H4ヒストンH4
キーワードSTRUCTURAL PROTEIN/DNA (構造) / DNA-protein complex / nucleosome (ヌクレオソーム) / Ruthenium agents / STRUCTURAL PROTEIN-DNA complex (構造)
機能・相同性
機能・相同性情報


DNA-templated transcription, initiation / ヌクレオソーム / protein heterodimerization activity / DNA binding / 核質 / 細胞核
類似検索 - 分子機能
Histone, subunit A / Histone, subunit A / Histone H2B signature. / ヒストンH2B / ヒストンH2B / Histone H2A signature. / Histone H2A conserved site / Histone H2A, C-terminal domain / C-terminus of histone H2A / Histone 2A ...Histone, subunit A / Histone, subunit A / Histone H2B signature. / ヒストンH2B / ヒストンH2B / Histone H2A signature. / Histone H2A conserved site / Histone H2A, C-terminal domain / C-terminus of histone H2A / Histone 2A / ヒストンH2A / Histone H4, conserved site / Histone H4 signature. / ヒストンH4 / ヒストンH4 / Centromere kinetochore component CENP-T histone fold / CENP-T/Histone H4, histone fold / TATA box binding protein associated factor / TATA box binding protein associated factor (TAF) / Histone H3 signature 1. / Histone H3 signature 2. / ヒストンH3 / Histone H3/CENP-A / Histone H2A/H2B/H3 / Core histone H2A/H2B/H3/H4 / Histone-fold / Orthogonal Bundle / Mainly Alpha
類似検索 - ドメイン・相同性
ヒストンH4 / Histone H3.2 / Histone H2B 1.1 / Chem-HRU / DNA (> 100) / DNA (> 10) / デオキシリボ核酸 / ヒストンH2A
類似検索 - 構成要素
生物種Xenopus laevis (アフリカツメガエル)
synthetic construct (人工物)
手法X線回折 / シンクロトロン / 分子置換 / 解像度: 2.69 Å
データ登録者Adhireksan, Z. / Davey, C.A.
引用ジャーナル: Nat Commun / : 2014
タイトル: Ligand substitutions between ruthenium-cymene compounds can control protein versus DNA targeting and anticancer activity
著者: Adhireksan, Z. / Davey, G.E. / Campomanes, P. / Groessl, M. / Clavel, C.M. / Yu, H. / Nazarov, A.A. / Yeo, C.H. / Ang, W.H. / Droge, P. / Rothlisberger, U. / Dyson, P.J. / Davey, C.A.
履歴
登録2013年4月29日登録サイト: RCSB / 処理サイト: PDBJ
改定 1.02014年3月26日Provider: repository / タイプ: Initial release
改定 1.12014年4月16日Group: Database references
改定 1.22017年11月15日Group: Refinement description / Source and taxonomy / カテゴリ: pdbx_entity_src_syn / software
Item: _pdbx_entity_src_syn.details / _pdbx_entity_src_syn.ncbi_taxonomy_id / _pdbx_entity_src_syn.organism_scientific

-
構造の表示

構造ビューア分子:
MolmilJmol/JSmol

ダウンロードとリンク

-
集合体

登録構造単位
A: Histone H3.2
B: Histone H4
C: Histone H2A
D: Histone H2B 1.1
E: Histone H3.2
F: Histone H4
G: Histone H2A
H: Histone H2B 1.1
I: DNA (145-mer)
J: DNA (145-mer)
ヘテロ分子


分子量 (理論値)分子数
合計 (水以外)200,79318
ポリマ-199,29910
非ポリマー1,4948
0
1


  • 登録構造と同一
  • 登録者・ソフトウェアが定義した集合体
タイプ名称対称操作
identity operation1_555x,y,z1
Buried area58080 Å2
ΔGint-449 kcal/mol
Surface area73100 Å2
手法PISA
単位格子
γ
α
β
Length a, b, c (Å)106.620, 109.710, 181.940
Angle α, β, γ (deg.)90.00, 90.00, 90.00
Int Tables number19
Space group name H-MP212121

-
要素

-
タンパク質 , 4種, 8分子 AEBFCGDH

#1: タンパク質 Histone H3.2


分子量: 15421.101 Da / 分子数: 2 / 由来タイプ: 組換発現
由来: (組換発現) Xenopus laevis (アフリカツメガエル)
発現宿主: Escherichia coli (大腸菌) / 参照: UniProt: P84233
#2: タンパク質 Histone H4 / ヒストンH4


分子量: 11394.426 Da / 分子数: 2 / 由来タイプ: 組換発現
由来: (組換発現) Xenopus laevis (アフリカツメガエル)
発現宿主: Escherichia coli (大腸菌) / 参照: UniProt: P62799
#3: タンパク質 Histone H2A / ヒストンH2A


分子量: 14109.436 Da / 分子数: 2 / 由来タイプ: 組換発現
由来: (組換発現) Xenopus laevis (アフリカツメガエル)
遺伝子: hist1h2aj, LOC494591 / 発現宿主: Escherichia coli (大腸菌) / 参照: UniProt: Q6AZJ8
#4: タンパク質 Histone H2B 1.1 / H2B1.1


分子量: 13979.291 Da / 分子数: 2 / 由来タイプ: 組換発現
由来: (組換発現) Xenopus laevis (アフリカツメガエル)
発現宿主: Escherichia coli (大腸菌) / 参照: UniProt: P02281

-
DNA鎖 , 2種, 2分子 IJ

#5: DNA鎖 DNA (145-mer)


分子量: 44749.664 Da / 分子数: 1 / 由来タイプ: 合成 / 由来: (合成) synthetic construct (人工物)
#6: DNA鎖 DNA (145-mer)


分子量: 44740.648 Da / 分子数: 1 / 由来タイプ: 合成 / 由来: (合成) synthetic construct (人工物)

-
非ポリマー , 3種, 8分子

#7: 化合物
ChemComp-HRU / (ethane-1,2-diamine-kappa~2~N,N')[(1,2,3,4,5,6-eta)-1-methyl-4-(propan-2-yl)cyclohexane-1,2,3,4,5,6-hexayl]ruthenium


分子量: 295.386 Da / 分子数: 4 / 由来タイプ: 合成 / : C12H22N2Ru
#8: 化合物 ChemComp-SO4 / SULFATE ION / 硫酸ジアニオン / 硫酸塩


分子量: 96.063 Da / 分子数: 3 / 由来タイプ: 合成 / : SO4
#9: 化合物 ChemComp-MG / MAGNESIUM ION / マグネシウムジカチオン


分子量: 24.305 Da / 分子数: 1 / 由来タイプ: 合成 / : Mg

-
詳細

非ポリマーの詳細NCP CRYSTALS WERE SOAKED WITH (ETA6-P-CYMENE)-CHLORO-(1,2-ETHYLENEDIAMINE)-RUTHENIUM(II) ...NCP CRYSTALS WERE SOAKED WITH (ETA6-P-CYMENE)-CHLORO-(1,2-ETHYLENEDIAMINE)-RUTHENIUM(II) HEXAFLUOROPHOSPHATE. UPON BINDING TO NCP ELEMENTS, ONLY (ETA6-P-CYMENE)-(1,2-ETHYLENEDIAMINE)-RUTHENIUM REMAINED.
配列の詳細UNINTENTIONAL MUTATIONS OR VARIATIONS IN GENOMIC SOURCES

-
実験情報

-
実験

実験手法: X線回折 / 使用した結晶の数: 1

-
試料調製

結晶マシュー密度: 2.67 Å3/Da / 溶媒含有率: 53.93 %
結晶化温度: 291 K / 手法: 蒸気拡散法, ハンギングドロップ法 / pH: 6
詳細: 40 mM MnCl2, 30 mM KCl, 20 mM K-Cacodylate , pH 6.0, VAPOR DIFFUSION, HANGING DROP, temperature 291K

-
データ収集

回折平均測定温度: 90 K
放射光源由来: シンクロトロン / サイト: SLS / ビームライン: X06DA / 波長: 1.5 Å
検出器タイプ: MARMOSAIC 225 mm CCD / 検出器: CCD / 日付: 2011年7月2日
放射モノクロメーター: Bartels Monochromator / プロトコル: SINGLE WAVELENGTH / 単色(M)・ラウエ(L): M / 散乱光タイプ: x-ray
放射波長波長: 1.5 Å / 相対比: 1
反射解像度: 2.69→60.6 Å / Num. obs: 55781
反射 シェル解像度: 2.69→2.84 Å

-
解析

ソフトウェア
名称バージョン分類
RemDAqデータ収集
REFMAC5.5.0109精密化
MOSFLMデータ削減
SCALAデータスケーリング
精密化構造決定の手法: 分子置換 / 解像度: 2.69→60.6 Å / Cor.coef. Fo:Fc: 0.93 / Cor.coef. Fo:Fc free: 0.9 / SU B: 13.757 / SU ML: 0.295 / 交差検証法: THROUGHOUT / ESU R: 0.96 / ESU R Free: 0.369 / 立体化学のターゲット値: MAXIMUM LIKELIHOOD / 詳細: HYDROGENS HAVE BEEN ADDED IN THE RIDING POSITIONS
Rfactor反射数%反射Selection details
Rfree0.28234 1143 2.1 %RANDOM
Rwork0.24764 ---
obs0.24835 54577 92.89 %-
溶媒の処理イオンプローブ半径: 0.8 Å / 減衰半径: 0.8 Å / VDWプローブ半径: 1.4 Å / 溶媒モデル: MASK
原子変位パラメータBiso mean: 84.444 Å2
Baniso -1Baniso -2Baniso -3
1-1.04 Å20 Å20 Å2
2---3.86 Å20 Å2
3---2.82 Å2
精密化ステップサイクル: LAST / 解像度: 2.69→60.6 Å
タンパク質核酸リガンド溶媒全体
原子数6076 5939 76 0 12091
拘束条件
Refine-IDタイプDev idealDev ideal target
X-RAY DIFFRACTIONr_bond_refined_d0.0090.02112917
X-RAY DIFFRACTIONr_angle_refined_deg1.4322.54818762
X-RAY DIFFRACTIONr_dihedral_angle_1_deg4.7165757
X-RAY DIFFRACTIONr_dihedral_angle_2_deg32.37121.338269
X-RAY DIFFRACTIONr_dihedral_angle_3_deg17.347151181
X-RAY DIFFRACTIONr_dihedral_angle_4_deg21.4241584
X-RAY DIFFRACTIONr_chiral_restr0.070.22125
X-RAY DIFFRACTIONr_gen_planes_refined0.0040.027705
X-RAY DIFFRACTIONr_mcbond_it0.6591.53797
X-RAY DIFFRACTIONr_mcangle_it1.2726110
X-RAY DIFFRACTIONr_scbond_it1.32839120
X-RAY DIFFRACTIONr_scangle_it2.1984.512556
LS精密化 シェル解像度: 2.69→2.76 Å / Total num. of bins used: 20
Rfactor反射数%反射
Rfree0.363 41 -
Rwork0.331 2646 -
obs--61.26 %

+
万見について

-
お知らせ

-
2020年8月12日: 新型コロナ情報

新型コロナ情報

URL: https://pdbj.org/emnavi/covid19.php

新ページ: EM Navigatorに新型コロナウイルスの特設ページを開設しました。

関連情報:Covid-19情報 / 2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

-
2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

新型コロナウイルスの構造データ

関連情報:万見生物種 / 2020年8月12日: 新型コロナ情報

外部リンク:COVID-19特集ページ - PDBj / 今月の分子2020年2月:コロナウイルスプロテーアーゼ

+
2019年1月31日: EMDBのIDの桁数の変更

EMDBのIDの桁数の変更

  • EMDBエントリに付与されているアクセスコード(EMDB-ID)は4桁の数字(例、EMD-1234)でしたが、間もなく枯渇します。これまでの4桁のID番号は4桁のまま変更されませんが、4桁の数字を使い切った後に発行されるIDは5桁以上の数字(例、EMD-12345)になります。5桁のIDは2019年の春頃から発行される見通しです。
  • EM Navigator/万見では、接頭語「EMD-」は省略されています。

関連情報:Q: 「EMD」とは何ですか? / 万見/EM NavigatorにおけるID/アクセスコードの表記

外部リンク:EMDB Accession Codes are Changing Soon! / PDBjへお問い合わせ

+
2017年7月12日: PDB大規模アップデート

PDB大規模アップデート

  • 新バージョンのPDBx/mmCIF辞書形式に基づくデータがリリースされました。
  • 今回の更新はバージョン番号が4から5になる大規模なもので、全エントリデータの書き換えが行われる「Remediation」というアップデートに該当します。
  • このバージョンアップで、電子顕微鏡の実験手法に関する多くの項目の書式が改定されました(例:em_softwareなど)。
  • EM NavigatorとYorodumiでも、この改定に基づいた表示内容になります。

外部リンク:wwPDB Remediation / OneDepデータ基準に準拠した、より強化された内容のモデル構造ファイルが、PDBアーカイブで公開されました。

+
2017年6月16日: Omokage検索で絞り込み

Omokage検索で絞り込み

Omokage検索の結果をキーワードとデータベースの種類で絞り込むことができるようになりました。

関連情報:Omokage検索

-
万見 (Yorodumi)

幾万の構造データを、幾万の視点から

  • 万見(Yorodumi)は、EMDB/PDB/SASBDBなどの構造データを閲覧するためのページです。
  • EM Navigatorの詳細ページの後継、Omokage検索のフロントエンドも兼ねています。

関連情報:EMDB / PDB / SASBDB / 3つのデータバンクの比較 / 万見検索 / 2016年8月31日: 新しいEM Navigatorと万見 / 万見文献 / Jmol/JSmol / 機能・相同性情報 / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

他の情報も見る