5H9Q

Crystal Structure of Human Galectin-7 in Complex with TD139

精密化の統計情報

実験手法:X-RAY DIFFRACTION (1.931 Å)

格子定数 [Å]53.89664.42670.616
格子定数 [度]90.0090.0090.00
空間群P 21 21 21
分解能 [Å] (低 - 高)27.65 - 1.93
最も高い分解能シェルの値1.979 - 1.931
R因子0.194
R-work0.18900
最も高い分解能シェルの値0.188
R-free0.23850
最も高い分解能シェルの値0.256
結合長の平均二乗偏差(RMSD) [Å]0.005
結合角の平均二乗偏差(RMSD) [度]1.001

回折データの統計情報

分解能 [Å] (低 - 高)30.00 - 1.93
最も高い分解能シェルの値 -
独立反射数19082
Rmerge_l_obs0.036
最も高い分解能シェルの値0.152
完全性 [%]99.6
冗長性6
最も高い分解能シェルの値6

結晶化条件

結晶ID方法pHpHの範囲温度単位
1VAPOR DIFFUSION, HANGING DROP87.5-8.5298

結晶化試薬

ID結晶ID濃度試薬名濃度 (単位)詳細
文献の結晶化試薬*
ID結晶ID溶液試薬名濃度 (単位) (単位)詳細
注釈情報は下記文献より抽出しています*