このページの他言語版もあります: English

PDBjが以前EDMapサービスで提供していたX線構造の電子密度は、独自にCCP4を使って座標から計算した係数を使って提供していました。

2020年9月23日からは,wwPDBの検証レポートの計算でつかうBuster (Global Phasing社) による係数で統一して提供しています。
詳しくは、過去のwwPDBニュースもご覧ください。

更新された電子密度マップ係数ファイルは検証レポートと同様、以下のPDBj FTPサイト( ftp://ftp.pdbj.org/pub/pdb/validation_reports/)からご利用頂けます。
またPDBj Mineや電子密度マップサービスのウェブインターフェースからもそれらをダウンロードすることができます。

作成日: 2020-10-07
170172
件を2020-10-21に公開中