[日本語] English
- PDB-4uf8: Electron cryo-microscopy structure of PB1-p62 filaments -

+
データを開く


IDまたはキーワード:

読み込み中...

-
基本情報

登録情報
データベース: PDB / ID: 4uf8
タイトルElectron cryo-microscopy structure of PB1-p62 filaments
要素SEQUESTOSOME-1
キーワードSIGNALING PROTEIN / SELECTIVE AUTOPHAGY / AUTOPHAGY RECEPTOR / AUTOPHAGY SCAFFOLD / P62/SQSTM1 / SINGLE-PARTICLE HELICAL RECONSTRUCTION
機能・相同性
機能・相同性情報


protein localization to perinuclear region of cytoplasm / amphisome / selective autophagy / regulation of Ras protein signal transduction / レビー小体 / response to mitochondrial depolarisation / aggrephagy / regulation of protein complex stability / endosome organization / mitophagy ...protein localization to perinuclear region of cytoplasm / amphisome / selective autophagy / regulation of Ras protein signal transduction / レビー小体 / response to mitochondrial depolarisation / aggrephagy / regulation of protein complex stability / endosome organization / mitophagy / phagophore assembly site / K63-linked polyubiquitin modification-dependent protein binding / regulation of mitochondrion organization / オートファゴソーム / immune system process / aggresome / sperm midpiece / regulation of I-kappaB kinase/NF-kappaB signaling / autophagy of mitochondrion / ionotropic glutamate receptor binding / オートファゴソーム / sarcomere / 封入体 / response to ischemia / negative regulation of protein ubiquitination / mitochondrion organization / SH2 domain binding / ubiquitin binding / protein kinase C binding / P-body / endosomal transport / protein localization / positive regulation of long-term synaptic potentiation / positive regulation of protein localization to plasma membrane / オートファジー / receptor tyrosine kinase binding / PML body / interleukin-1-mediated signaling pathway / オートファジー / late endosome / ubiquitin-dependent protein catabolic process / intracellular signal transduction / 細胞分化 / positive regulation of protein phosphorylation / intracellular membrane-bounded organelle / positive regulation of apoptotic process / protein serine/threonine kinase activity / apoptotic process / ubiquitin protein ligase binding / protein-containing complex binding / protein kinase binding / negative regulation of apoptotic process / negative regulation of transcription by RNA polymerase II / 小胞体 / enzyme binding / positive regulation of transcription by RNA polymerase II / ミトコンドリア / extracellular exosome / zinc ion binding / 核質 / identical protein binding / 細胞質基質 / 細胞質
PB1 domain / UBA-like superfamily / PB1 domain / Zinc finger, ZZ-type / Zinc finger, ZZ-type superfamily / Sequestosome-1, PB1 domain / Sequestosome-1, UBA domain / Ubiquitin-associated domain
Sequestosome-1
生物種HOMO SAPIENS (ヒト)
手法電子顕微鏡法 / らせん対称体再構成法 / クライオ電子顕微鏡法 / 解像度: 10.9 Å
データ登録者Ciuffa, R. / Lamark, T. / Tarafder, A. / Guesdon, A. / Rybina, S. / Hagen, W.J.H. / Johansen, T. / Sachse, C.
引用ジャーナル: Cell Rep / : 2015
タイトル: The selective autophagy receptor p62 forms a flexible filamentous helical scaffold.
著者: Rodolfo Ciuffa / Trond Lamark / Abul K Tarafder / Audrey Guesdon / Sofia Rybina / Wim J H Hagen / Terje Johansen / Carsten Sachse /
要旨: The scaffold protein p62/SQSTM1 is involved in protein turnover and signaling and is commonly found in dense protein bodies in eukaryotic cells. In autophagy, p62 acts as a selective autophagy ...The scaffold protein p62/SQSTM1 is involved in protein turnover and signaling and is commonly found in dense protein bodies in eukaryotic cells. In autophagy, p62 acts as a selective autophagy receptor that recognizes and shuttles ubiquitinated proteins to the autophagosome for degradation. The structural organization of p62 in cellular bodies and the interplay of these assemblies with ubiquitin and the autophagic marker LC3 remain to be elucidated. Here, we present a cryo-EM structural analysis of p62. Together with structures of assemblies from the PB1 domain, we show that p62 is organized in flexible polymers with the PB1 domain constituting a helical scaffold. Filamentous p62 is capable of binding LC3 and addition of long ubiquitin chains induces disassembly and shortening of filaments. These studies explain how p62 assemblies provide a large molecular scaffold for the nascent autophagosome and reveal how they can bind ubiquitinated cargo.
構造検証レポート
簡易版詳細版構造検証レポートについて
履歴
登録2015年3月15日登録サイト: PDBE / 処理サイト: PDBE
改定 1.02015年5月13日Provider: repository / タイプ: Initial release
改定 1.12015年5月27日Group: Database references
改定 1.22017年8月23日Group: Data collection / カテゴリ: em_software
Item: _em_software.fitting_id / _em_software.image_processing_id

-
構造の表示

ムービー
  • 生物学的単位 - representative helical assembly
  • Jmolによる作画
  • ダウンロード
  • 登録構造単位
  • Jmolによる作画
  • ダウンロード
  • 単純化した表面モデル + あてはめた原子モデル
  • マップデータ: EMDB-2936
  • Jmolによる作画
  • ダウンロード
  • EMマップとの重ね合わせ
  • マップデータ: EMDB-2936
  • UCSF Chimeraによる作画
  • ダウンロード
  • EMマップとの重ね合わせ
  • マップデータ: EMDB-2936
  • UCSF Chimeraによる作画
  • ダウンロード
ムービービューア
構造ビューア分子:
MolmilJmol/JSmol

ダウンロードとリンク

-
集合体

登録構造単位
A: SEQUESTOSOME-1
B: SEQUESTOSOME-1
C: SEQUESTOSOME-1
I: SEQUESTOSOME-1


分子量 (理論値)分子数
合計 (水以外)44,4824
ポリマ-44,4824
非ポリマー00
0
1
A: SEQUESTOSOME-1
B: SEQUESTOSOME-1
C: SEQUESTOSOME-1
I: SEQUESTOSOME-1
x 20


分子量 (理論値)分子数
合計 (水以外)889,64680
ポリマ-889,64680
非ポリマー00
0
タイプ名称対称操作
helical symmetry operation20
2


  • 登録構造と同一(異なる座標系)
  • helical asymmetric unit
タイプ名称対称操作
helical symmetry operation1
3


  • 登録構造と同一(異なる座標系)
  • helical asymmetric unit, std helical frame
タイプ名称対称操作
transform to helical frame1
対称性らせん対称: (回転対称性: 1 / Dyad axis: no / N subunits divisor: 1 / Num. of operations: 20 / Rise per n subunits: 12.99 Å / Rotation per n subunits: -30.77 °)

-
要素

#1: タンパク質
SEQUESTOSOME-1 / EBI3-ASSOCIATED PROTEIN OF 60 KDA / EBIAP / P60 / PHOSPHOTYROSINE-INDEPENDENT LIGAND FOR THE LCK ...EBI3-ASSOCIATED PROTEIN OF 60 KDA / EBIAP / P60 / PHOSPHOTYROSINE-INDEPENDENT LIGAND FOR THE LCK SH2 DOMAIN OF 62 KDA / UBIQUITIN-BINDING PROTEIN P62


分子量: 11120.575 Da / 分子数: 4 / 断片: PB1 DOMAIN, RESIDUES 3-102 / 由来タイプ: 組換発現 / 由来: (組換発現) HOMO SAPIENS (ヒト) / プラスミド: POPTM-P62-PB1_K103STOP_E104STOP / 発現宿主: ESCHERICHIA COLI (大腸菌) / 株 (発現宿主): BL21 / 参照: UniProt: Q13501

-
実験情報

-
実験

実験手法: 電子顕微鏡法
EM実験試料の集合状態: FILAMENT / 3次元再構成法: らせん対称体再構成法

-
試料調製

構成要素名称: PB1(1-102) DOMAIN OF P62 SQSTM1 / タイプ: COMPLEX
緩衝液名称: 50 MM TRIS PH 7.5, 100 MM NACL, DTT 4 MM / pH: 7.5 / 詳細: 50 MM TRIS PH 7.5, 100 MM NACL, DTT 4 MM
試料濃度: 0.25 mg/ml / 包埋: NO / シャドウイング: NO / 染色: NO / 凍結: YES
試料支持詳細: HOLEY CARBON
急速凍結装置: HOMEMADE PLUNGER / 凍結剤: ETHANE
詳細: VITRIFICATION 1 -- CRYOGEN- ETHANE, TEMPERATURE- 77, INSTRUMENT- HOMEMADE PLUNGER METHOD- BACKSIDE BLOTTING,

-
電子顕微鏡撮影

実験機器
モデル: Titan Krios / 画像提供: FEI Company
顕微鏡モデル: FEI TITAN KRIOS / 日付: 2014年2月21日
電子銃電子線源: FIELD EMISSION GUN / 加速電圧: 300 kV / 照射モード: FLOOD BEAM
電子レンズモード: BRIGHT FIELDBright-field microscopy / 倍率(公称値): 75000 X / 最大 デフォーカス(公称値): 5000 nm / 最小 デフォーカス(公称値): 1000 nm / Cs: 2.7 mm
撮影電子線照射量: 15 e/Å2
フィルム・検出器のモデル: FEI FALCON II (4k x 4k)
画像スキャンデジタル画像の数: 994
放射波長相対比: 1

-
解析

EMソフトウェア
ID名称カテゴリ
1UCSF Chimeraモデルフィッティング
2SPRING3次元再構成
CTF補正詳細: CTFFIND, CONVOLUTION IMAGES WIENER FILTER RECONSTRUCTION
3次元再構成手法: PROJECTION MATCHING / 解像度: 10.9 Å / 粒子像の数: 50620 / ピクセルサイズ(公称値): 2.16 Å / ピクセルサイズ(実測値): 2.16 Å
詳細: SINGLE-PARTICLE BASED HELICAL RECONSTRUCTION USING SPRING. SUBMISSION BASED ON EXPERIMENTAL DATA FROM EMDB EMD-2936. (DEPOSITION ID: 13197)
対称性のタイプ: HELICAL
原子モデル構築プロトコル: RIGID BODY FIT / 空間: REAL / 詳細: METHOD--RIGID BODY REFINEMENT PROTOCOL--NMR
原子モデル構築PDB-ID: 2KKC
精密化最高解像度: 10.9 Å
精密化ステップサイクル: LAST / 最高解像度: 10.9 Å
タンパク質核酸リガンド溶媒全体
原子数3120 0 0 0 3120

+
万見について

-
お知らせ

-
2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

New: 新型コロナ情報

  • 新ページ: EM Navigatorに新型コロナウイルスの特設ページを開設しました。

関連情報:Covid-19情報 / 2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

-
2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

新型コロナウイルスの構造データ

関連情報:万見生物種 / 2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

外部リンク:COVID-19特集ページ - PDBj / 今月の分子2020年2月:コロナウイルスプロテーアーゼ

+
2019年1月31日: EMDBのIDの桁数の変更

EMDBのIDの桁数の変更

  • EMDBエントリに付与されているアクセスコード(EMDB-ID)は4桁の数字(例、EMD-1234)でしたが、間もなく枯渇します。これまでの4桁のID番号は4桁のまま変更されませんが、4桁の数字を使い切った後に発行されるIDは5桁以上の数字(例、EMD-12345)になります。5桁のIDは2019年の春頃から発行される見通しです。
  • EM Navigator/万見では、接頭語"EMD-"は省略されています。

関連情報:Q: 「EMD」とは何ですか? / 万見/EM NavigatorにおけるID/アクセスコードの表記

外部リンク:PDBeのEMDBサイト / PDBjへお問い合わせ

+
2017年7月12日: PDB大規模アップデート

PDB大規模アップデート

  • 新バージョンのPDBx/mmCIF辞書形式に基づくデータがリリースされました。今回の更新はバージョン番号が4から5になる大規模なもので、全エントリデータの書き換えが行われる「Remediation」というアップデートに該当します。詳細は下記のリンクをご覧ください。
  • このバージョンアップで、電子顕微鏡の実験手法に関する多くの項目の書式が改定されました(例:em_softwareなど)。EM NavigatorとYorodumiでも、この改定に基づいた表示内容になります。

外部リンク:wwPDB Remediation / OneDepデータ基準に準拠した、より強化された内容のモデル構造ファイルが、PDBアーカイブで公開されました。

+
2017年6月16日: Omokage検索で絞り込み

Omokage検索で絞り込み

  • Omokage検索の結果をキーワードとデータベースの種類で絞り込むことができるようになりました。

関連情報:Omokage検索

すべてのお知らせ

-
万見 (Yorodumi)

幾万の構造データを、幾万の視点から

  • 万見(Yorodumi)は、EMDB/PDB/SASBDBなどの構造データを閲覧するためのページです。
  • EM Navigatorの詳細ページの後継、Omokage検索のフロントエンドも兼ねています。

関連情報:EMDB / PDB / SASBDB / 3つのデータバンクの比較 / 万見検索 / 2016年8月31日: 新しいEM Navigatorと万見 / 万見文献 / Jmol/JSmol / 機能・相同性情報 / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

他の情報も見る