このページの他言語版もあります: English
pdb50

PDBは1971年10月20日に、 Crystallography: Protein Data Bank Nature New Biology 233: 223 (1971) doi: 10.1038/newbio233223b0において発表されました。

今日、PDBアーカイブには、約17万件の蛋白質や核酸、複合体の構造が登録されており、学生や研究者がタンパク質合成から健康や疾病まで、生体臨床医学と農業のあらゆる側面を理解する手助けとなっています。 国際蛋白質構造データバンク(wwPDB, Worldwide PDB)組織が、PDBを世界中の人に自由に公開できるよう運営管理しています。

wwPDBは、2021年に予定されている50周年記念シンポジウムとイベントを見据えており、PDB50周年のウェブサイトwwpdb.org/pdb50を定期的に更新する予定です。

PDB 50周年を迎えるにあたり、PDBの公共性、協調、教育の精神を支援して、wwPDB財団へのご寄付もご検討ください。

wwPDB財団は、wwPDBのアウトリーチ活動を支援する目的で、2010年に設立され、 PDB40周年を祝うシンポジウムPDB40やワークショップ、教育出版物を支援するために資金を集めました。

財団は、もっぱら科学、文学、慈善、教育的目的のためだけに501(c)(3)団体として設立を認められています。

[ wwPDB News ]

作成日: 2020-10-21
171916
件を2020-12-02に公開中