このページの他言語版もあります: English

wwPDBのOneDepシステムに関する論文が公開されました。

OneDepシステムについて紹介した 論文がオンラインで公開されました。 wwPDBは、今後数十年間にわたって増え続ける研究者の要望に対応するため、生体高分子構造の登録・アノテーション・検証について、 wwPDB、EMDB及びBMRBの登録サイトにまたがる、統合化されたシステムを開発し、公開しました。

OneDepシステムは、使いやすい登録インターフェースと、改善された検証機能を提供します。 構造の検証は、各実験手法の研究者を代表する 専門家から成る委員会(task forces)からの 提言に基づいています。 OneDepシステムは、より自動化されたワークフローを備えているため、アノテーション処理も効率化されています。

StructureCell Chemical Biologyの主任編集者 Milka Kosticによれば、 OneDepは、正しい方向への一歩であり、 構造検証やアノテーションの過程を改善するとともに、原子座標の登録過程の1つの窓口を提供するということです。

[ wwPDB ニュース ]

2017-02-10
PDBj@FacebookPDBj@TwitterwwPDBwwPDB FoundationEM DataBank

Copyright © 2013-2017 日本蛋白質構造データバンク