このページの他言語版もあります: English

[構造因子]

mmCIFフォーマットで表現された構造因子データ

2008年2月1日より、X線結晶解析による構造を登録する際には、構造因子ファイルの登録が必須となっています。

各項目の説明と例は、RCSB PDBのmmCIFディクショナリを参照して下さい。

http://mmcif.pdb.org/dictionaries/mmcif_pdbx.dic/Categories/refln.html (英語)

作成日: 2012-09-07 (最終更新日: more than 1 year ago)2014-09-01