[日本語] English
- PDB-7mte: Structure of SARS-CoV-2 S2P spike at pH 7.4 refolded by low-pH tr... -

+
データを開く


IDまたはキーワード:

読み込み中...

-
基本情報

登録情報
データベース: PDB / ID: 7mte
タイトルStructure of SARS-CoV-2 S2P spike at pH 7.4 refolded by low-pH treatment
要素Spike glycoproteinスパイクタンパク質
キーワードVIRAL PROTEIN (ウイルスタンパク質) / COVID-19 (新型コロナウイルス感染症 (2019年)) / SARS-CoV-2 spike / S2P
機能・相同性
機能・相同性情報


Maturation of spike protein / Translation of Structural Proteins / Virion Assembly and Release / suppression by virus of host tetherin activity / host cell endoplasmic reticulum-Golgi intermediate compartment membrane / Attachment and Entry / receptor-mediated virion attachment to host cell / viral translation / 小胞小管クラスター / host cell surface receptor binding ...Maturation of spike protein / Translation of Structural Proteins / Virion Assembly and Release / suppression by virus of host tetherin activity / host cell endoplasmic reticulum-Golgi intermediate compartment membrane / Attachment and Entry / receptor-mediated virion attachment to host cell / viral translation / 小胞小管クラスター / host cell surface receptor binding / endocytosis involved in viral entry into host cell / endocytic vesicle membrane / fusion of virus membrane with host plasma membrane / viral protein processing / suppression by virus of host type I interferon-mediated signaling pathway / fusion of virus membrane with host endosome membrane / : / viral entry into host cell / エンベロープ (ウイルス) / 小胞体 / host cell plasma membrane / virion membrane / integral component of membrane / identical protein binding
類似検索 - 分子機能
Spike (S) protein S1 subunit, receptor-binding domain, SARS-CoV-2 / Spike (S) protein S1 subunit, N-terminal domain, SARS-CoV-like / Betacoronavirus spike (S) glycoprotein S1 subunit C-terminal (CTD) domain profile. / Betacoronavirus spike (S) glycoprotein S1 subunit N-terminal (NTD) domain profile. / : / Coronavirus spike (S) glycoprotein S2 subunit heptad repeat 1 (HR1) region profile. / Spike glycoprotein, betacoronavirus / Betacoronavirus spike glycoprotein S1, receptor binding / Spike receptor binding domain superfamily, coronavirus / Spike (S) protein S1 subunit, receptor-binding domain, betacoronavirus ...Spike (S) protein S1 subunit, receptor-binding domain, SARS-CoV-2 / Spike (S) protein S1 subunit, N-terminal domain, SARS-CoV-like / Betacoronavirus spike (S) glycoprotein S1 subunit C-terminal (CTD) domain profile. / Betacoronavirus spike (S) glycoprotein S1 subunit N-terminal (NTD) domain profile. / : / Coronavirus spike (S) glycoprotein S2 subunit heptad repeat 1 (HR1) region profile. / Spike glycoprotein, betacoronavirus / Betacoronavirus spike glycoprotein S1, receptor binding / Spike receptor binding domain superfamily, coronavirus / Spike (S) protein S1 subunit, receptor-binding domain, betacoronavirus / Spike glycoprotein S1, N-terminal domain, betacoronavirus-like / Betacoronavirus-like spike glycoprotein S1, N-terminal / Spike glycoprotein S2 superfamily, coronavirus / Coronavirus spike glycoprotein S1, C-terminal / Coronavirus spike glycoprotein S2 / Coronavirus spike glycoprotein S1, C-terminal / Spike glycoprotein S2, coronavirus
類似検索 - ドメイン・相同性
スパイクタンパク質
類似検索 - 構成要素
生物種Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARSコロナウイルス2)
手法電子顕微鏡法 / 単粒子再構成法 / クライオ電子顕微鏡法 / 解像度: 3.2 Å
データ登録者Tsybovsky, Y. / Olia, A.S. / Kwong, P.D.
引用ジャーナル: J Biol Chem / : 2021
タイトル: SARS-CoV-2 S2P spike ages through distinct states with altered immunogenicity.
著者: Adam S Olia / Yaroslav Tsybovsky / Steven J Chen / Cuiping Liu / Alexandra F Nazzari / Li Ou / Lingshu Wang / Wing-Pui Kong / Kwan Leung / Tracy Liu / Tyler Stephens / I-Ting Teng / Shuishu ...著者: Adam S Olia / Yaroslav Tsybovsky / Steven J Chen / Cuiping Liu / Alexandra F Nazzari / Li Ou / Lingshu Wang / Wing-Pui Kong / Kwan Leung / Tracy Liu / Tyler Stephens / I-Ting Teng / Shuishu Wang / Eun Sung Yang / Baoshan Zhang / Yi Zhang / Tongqing Zhou / John R Mascola / Peter D Kwong /
要旨: The SARS-CoV-2 spike is the primary target of virus-neutralizing antibodies and critical to the development of effective vaccines against COVID-19. Here, we demonstrate that the prefusion-stabilized ...The SARS-CoV-2 spike is the primary target of virus-neutralizing antibodies and critical to the development of effective vaccines against COVID-19. Here, we demonstrate that the prefusion-stabilized two-proline "S2P" spike-widely employed for laboratory work and clinical studies-unfolds when stored at 4 °C, physiological pH, as observed by electron microscopy (EM) and differential scanning calorimetry, but that its trimeric, native-like conformation can be reacquired by low pH treatment. When stored for approximately 1 week, this unfolding does not significantly alter antigenic characteristics; however, longer storage diminishes antibody binding, and month-old spike elicits virtually no neutralization in mice despite inducing high ELISA-binding titers. Cryo-EM structures reveal the folded fraction of spike to decrease with aging; however, its structure remains largely similar, although with varying mobility of the receptor-binding domain. Thus, the SARS-CoV-2 spike is susceptible to unfolding, which affects immunogenicity, highlighting the need to monitor its integrity.
履歴
登録2021年5月13日登録サイト: RCSB / 処理サイト: RCSB
改定 1.02021年9月15日Provider: repository / タイプ: Initial release
改定 1.12021年10月13日Group: Database references / カテゴリ: citation / Item: _citation.journal_volume

-
構造の表示

ムービー
  • 登録構造単位
  • Jmolによる作画
  • ダウンロード
  • EMマップとの重ね合わせ
  • マップデータ: EMDB-23984
  • UCSF Chimeraによる作画
  • ダウンロード
ムービービューア
構造ビューア分子:
MolmilJmol/JSmol

ダウンロードとリンク

-
集合体

登録構造単位
A: Spike glycoprotein
B: Spike glycoprotein
C: Spike glycoprotein
ヘテロ分子


分子量 (理論値)分子数
合計 (水以外)433,76331
ポリマ-424,7253
非ポリマー9,03928
0
1


  • 登録構造と同一
  • 登録者が定義した集合体
タイプ名称対称操作
identity operation1_5551
Buried area32290 Å2
ΔGint-14 kcal/mol
Surface area127940 Å2

-
要素

#1: タンパク質 Spike glycoprotein / スパイクタンパク質 / S glycoprotein / E2 / Peplomer protein


分子量: 141574.875 Da / 分子数: 3 / 由来タイプ: 組換発現
由来: (組換発現) Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARSコロナウイルス2)
遺伝子: S, 2 / 発現宿主: Homo sapiens (ヒト) / 参照: UniProt: P0DTC2
#2: 多糖
2-acetamido-2-deoxy-beta-D-glucopyranose-(1-4)-2-acetamido-2-deoxy-beta-D-glucopyranose


タイプ: oligosaccharideオリゴ糖 / 分子量: 424.401 Da / 分子数: 14 / 由来タイプ: 組換発現
記述子タイププログラム
DGlcpNAcb1-4DGlcpNAcb1-Glycam Condensed SequenceGMML 1.0
WURCS=2.0/1,2,1/[a2122h-1b_1-5_2*NCC/3=O]/1-1/a4-b1WURCSPDB2Glycan 1.1.0
[]{[(4+1)][b-D-GlcpNAc]{[(4+1)][b-D-GlcpNAc]{}}}LINUCSPDB-CARE
#3: 糖
ChemComp-NAG / 2-acetamido-2-deoxy-beta-D-glucopyranose / N-acetyl-beta-D-glucosamine / 2-acetamido-2-deoxy-beta-D-glucose / 2-acetamido-2-deoxy-D-glucose / 2-acetamido-2-deoxy-glucose / N-ACETYL-D-GLUCOSAMINE / N-アセチル-β-D-グルコサミン / N-アセチルグルコサミン


タイプ: D-saccharide, beta linking / 分子量: 221.208 Da / 分子数: 14 / 由来タイプ: 合成 / : C8H15NO6
識別子タイププログラム
DGlcpNAcbCONDENSED IUPAC CARBOHYDRATE SYMBOLGMML 1.0
N-acetyl-b-D-glucopyranosamineCOMMON NAMEGMML 1.0
b-D-GlcpNAcIUPAC CARBOHYDRATE SYMBOLPDB-CARE 1.0
GlcNAcSNFG CARBOHYDRATE SYMBOLGMML 1.0
研究の焦点であるリガンドがあるかN

-
実験情報

-
実験

実験手法: 電子顕微鏡法
EM実験試料の集合状態: PARTICLE / 3次元再構成法: 単粒子再構成法

-
試料調製

構成要素名称: SARS-CoV-2 S2P spike trimer / タイプ: COMPLEX / Entity ID: #1 / 由来: RECOMBINANT
分子量: 0.42 MDa / 実験値: NO
由来(天然)生物種: Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARSコロナウイルス2)
由来(組換発現)生物種: Homo sapiens (ヒト) / : 293-F
緩衝液pH: 7.4
緩衝液成分
IDBuffer-ID
1PBS1
2acetate酢酸塩1
3trizma1
試料濃度: 0.5 mg/ml / 包埋: NO / シャドウイング: NO / 染色: NO / 凍結: YES
試料支持グリッドの材料: GOLD / グリッドのタイプ: Quantifoil R2/2
急速凍結装置: FEI VITROBOT MARK IV / 凍結剤: ETHANE / 湿度: 90 % / 凍結前の試料温度: 277 K

-
電子顕微鏡撮影

実験機器
モデル: Titan Krios / 画像提供: FEI Company
顕微鏡モデル: FEI TITAN KRIOS
電子銃電子線源: FIELD EMISSION GUN / 加速電圧: 300 kV / 照射モード: FLOOD BEAM
電子レンズモード: BRIGHT FIELDBright-field microscopy
撮影電子線照射量: 40 e/Å2
フィルム・検出器のモデル: GATAN K3 BIOQUANTUM (6k x 4k)

-
解析

ソフトウェア名称: PHENIX / バージョン: 1.12_2829: / 分類: 精密化
EMソフトウェア
ID名称バージョンカテゴリ
2RELION3.1画像取得
13RELION3.13次元再構成
CTF補正タイプ: PHASE FLIPPING AND AMPLITUDE CORRECTION
対称性点対称性: C1 (非対称)
3次元再構成解像度: 3.2 Å / 解像度の算出法: FSC 0.143 CUT-OFF / 粒子像の数: 252067 / 対称性のタイプ: POINT
原子モデル構築プロトコル: BACKBONE TRACE
拘束条件
Refine-IDタイプDev ideal
ELECTRON MICROSCOPYf_bond_d0.00421102
ELECTRON MICROSCOPYf_angle_d0.80428769
ELECTRON MICROSCOPYf_dihedral_angle_d6.85312352
ELECTRON MICROSCOPYf_chiral_restr0.0553437
ELECTRON MICROSCOPYf_plane_restr0.0073629

+
万見について

-
お知らせ

-
2020年8月12日: 新型コロナ情報

新型コロナ情報

URL: https://pdbj.org/emnavi/covid19.php

新ページ: EM Navigatorに新型コロナウイルスの特設ページを開設しました。

関連情報:Covid-19情報 / 2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

-
2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

新型コロナウイルスの構造データ

関連情報:万見生物種 / 2020年8月12日: 新型コロナ情報

外部リンク:COVID-19特集ページ - PDBj / 今月の分子2020年2月:コロナウイルスプロテーアーゼ

+
2019年1月31日: EMDBのIDの桁数の変更

EMDBのIDの桁数の変更

  • EMDBエントリに付与されているアクセスコード(EMDB-ID)は4桁の数字(例、EMD-1234)でしたが、間もなく枯渇します。これまでの4桁のID番号は4桁のまま変更されませんが、4桁の数字を使い切った後に発行されるIDは5桁以上の数字(例、EMD-12345)になります。5桁のIDは2019年の春頃から発行される見通しです。
  • EM Navigator/万見では、接頭語「EMD-」は省略されています。

関連情報:Q: 「EMD」とは何ですか? / 万見/EM NavigatorにおけるID/アクセスコードの表記

外部リンク:EMDB Accession Codes are Changing Soon! / PDBjへお問い合わせ

+
2017年7月12日: PDB大規模アップデート

PDB大規模アップデート

  • 新バージョンのPDBx/mmCIF辞書形式に基づくデータがリリースされました。
  • 今回の更新はバージョン番号が4から5になる大規模なもので、全エントリデータの書き換えが行われる「Remediation」というアップデートに該当します。
  • このバージョンアップで、電子顕微鏡の実験手法に関する多くの項目の書式が改定されました(例:em_softwareなど)。
  • EM NavigatorとYorodumiでも、この改定に基づいた表示内容になります。

外部リンク:wwPDB Remediation / OneDepデータ基準に準拠した、より強化された内容のモデル構造ファイルが、PDBアーカイブで公開されました。

+
2017年6月16日: Omokage検索で絞り込み

Omokage検索で絞り込み

Omokage検索の結果をキーワードとデータベースの種類で絞り込むことができるようになりました。

関連情報:Omokage検索

-
万見 (Yorodumi)

幾万の構造データを、幾万の視点から

  • 万見(Yorodumi)は、EMDB/PDB/SASBDBなどの構造データを閲覧するためのページです。
  • EM Navigatorの詳細ページの後継、Omokage検索のフロントエンドも兼ねています。

関連情報:EMDB / PDB / SASBDB / 3つのデータバンクの比較 / 万見検索 / 2016年8月31日: 新しいEM Navigatorと万見 / 万見文献 / Jmol/JSmol / 機能・相同性情報 / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

他の情報も見る