[日本語] English
EMN文献
- 3DEM構造データから引用されている文献のデータベース -

+
検索条件

キーワード
著者・登録者
ジャーナル
IF

-
Structure paper

タイトルAtypical chemoreceptor arrays accommodate high membrane curvature.
ジャーナル・号・ページNat Commun, Vol. 11, Issue 1, Page 5763, Year 2020
掲載日2020年11月13日
著者Alise R Muok / Davi R Ortega / Kurni Kurniyati / Wen Yang / Zachary A Maschmann / Adam Sidi Mabrouk / Chunhao Li / Brian R Crane / Ariane Briegel /
PubMed 要旨The prokaryotic chemotaxis system is arguably the best-understood signaling pathway in biology. In all previously described species, chemoreceptors organize into a hexagonal (P6 symmetry) extended ...The prokaryotic chemotaxis system is arguably the best-understood signaling pathway in biology. In all previously described species, chemoreceptors organize into a hexagonal (P6 symmetry) extended array. Here, we report an alternative symmetry (P2) of the chemotaxis apparatus that emerges from a strict linear organization of the histidine kinase CheA in Treponema denticola cells, which possesses arrays with the highest native curvature investigated thus far. Using cryo-ET, we reveal that Td chemoreceptor arrays assume an unusual arrangement of the supra-molecular protein assembly that has likely evolved to accommodate the high membrane curvature. The arrays have several atypical features, such as an extended dimerization domain of CheA and a variant CheW-CheR-like fusion protein that is critical for maintaining an ordered chemosensory apparatus. Furthermore, the previously characterized Td oxygen sensor ODP influences CheA ordering. These results suggest a greater diversity of the chemotaxis signaling system than previously thought.
リンクNat Commun / PubMed:33188180 / PubMed Central
手法EM (サブトモグラム平均) / EM (トモグラフィー) / X線回折
解像度1.5 - 46 Å
構造データ

EMDB-11381:
Treponema denticola chemotaxis signalling arrays in an ODP (TDE2498) deletion mutant
手法: EM (サブトモグラム平均) / 解像度: 28.2 Å

EMDB-11384:
Treponema denticola chemotaxis signalling arrays in an ODP (TDE2498) and TDE2496 deletion mutant
手法: EM (サブトモグラム平均) / 解像度: 25 Å

EMDB-11385:
Treponema denticola chemotaxis signalling arrays
手法: EM (サブトモグラム平均) / 解像度: 16 Å

EMDB-11386:
Treponema denticola chemotaxis signalling arrays
手法: EM (トモグラフィー) / 解像度: 46 Å

PDB-6y1y:
CheA dimerization domain of Treponema denticola
手法: X-RAY DIFFRACTION / 解像度: 1.5 Å

化合物

ChemComp-HOH:
WATER /

由来
  • treponema denticola (バクテリア)
キーワードAmino Acid Sequence / Bacterial Proteins (細菌) / Cell Membrane (細胞膜) / Chemoreceptor Cells / Chemotaxis (走化性) / Conserved Sequence (保存配列) / Escherichia coli (大腸菌) / Gene Deletion / Histidine Kinase / Protein Domains / Sequence Homology, Amino Acid / Treponema / SIGNALING PROTEIN / dimerization domain / coiled-coil (コイルドコイル)

+
EMN文献について

-
お知らせ

-
2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

New: 新型コロナ情報

  • 新ページ: EM Navigatorに新型コロナウイルスの特設ページを開設しました。

関連情報:Covid-19情報 / 2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

-
2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

新型コロナウイルスの構造データ

関連情報:万見生物種 / 2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

外部リンク:COVID-19特集ページ - PDBj / 今月の分子2020年2月:コロナウイルスプロテーアーゼ

+
2019年7月5日: テキストデータのダウンロード

テキストデータのダウンロード

  • EM Navigatorの以下のサービスのデータが、テキスト形式でダウンロードできるようになりました。Excelなどでダウンロードしたデータを読み込むことができます。
    ページデータフォーマット
    EM Navigator 検索検索結果 CSV, TSV, JSON
    EM Navigator 統計情報表データCSV, TSV

関連情報:EMN検索 / EMN統計情報

+
2019年1月31日: EMDBのIDの桁数の変更

EMDBのIDの桁数の変更

  • EMDBエントリに付与されているアクセスコード(EMDB-ID)は4桁の数字(例、EMD-1234)でしたが、間もなく枯渇します。これまでの4桁のID番号は4桁のまま変更されませんが、4桁の数字を使い切った後に発行されるIDは5桁以上の数字(例、EMD-12345)になります。5桁のIDは2019年の春頃から発行される見通しです。
  • EM Navigator/万見では、接頭語"EMD-"は省略されています。

関連情報:Q: 「EMD」とは何ですか? / 万見/EM NavigatorにおけるID/アクセスコードの表記

外部リンク:PDBeのEMDBサイト / PDBjへお問い合わせ

+
2018年2月20日: 2018年2月20日のPDBj & BINDS 合同講習会の資料

2018年2月20日のPDBj & BINDS 合同講習会の資料

すべてのお知らせ

-
EMN文献

3DEM構造データから引用されている文献のデータベース

  • EMDDBとPDBの3次元電子顕微鏡エントリから引用されている文献のデータベースです
  • Pubmedのデータを利用しています

関連情報:EMDB / PDB / Q: EM Navigatorの情報源は? / EM Navigator / 万見文献 / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

他の情報も見る