English [日本語]
EMN Gallery
- 試料のカテゴリによるグループ分け -

-
グループ分け

-
ギャラリー

+
細胞周期関連 (150)

+
DNA関連:複製・修復 (411)

+
RNA関連:転写・スプライシング (507)

+
リボソーム - 70S・その他(バクテリア・古細菌・オルガネラ) (398)

+
リボソーム - 80S(真核細胞質) (260)

+
リボソームの構成要素 (555)

+
タンパク質(折りたたみ・分解) (512)

+
呼吸色素 (ヘモグロビン・ヘモシアニン) (27)

+
細胞膜(受容体・チャネル・ポンプ) (908)

+
細胞膜(膜孔形成・膜変形) (242)

+
細胞骨格・分子モーター (643)

+
繊毛(線毛)・べん毛(鞭毛)関連 (311)

+
アミロイド線維 (66)

+
細胞・オルガネラ (100)

+
ウイルス・ウイルス状粒子(宿主: バクテリア・古細菌) (325)

+
ウイルス・ウイルス状粒子(宿主: 真核細胞) (897)

+
ウイルスの構成要素 (779)

+
合成分子 (DNAオリガミ、合成ペプチド) (51)

+
その他 (625)

+
未分類 (14)

+
EMN Galleryについて

-
お知らせ

-
2018年2月20日: 2018年2月20日のPDBj & BINDS 合同講習会のの資料

2018年2月20日のPDBj & BINDS 合同講習会のの資料

-
2017年10月4日: この分野の3人の先駆者が、ノーベル化学賞を受賞しました

この分野の3人の先駆者が、ノーベル化学賞を受賞しました

  • Jacques Dubochet (University of Lausanne, Switzerland)は、電子顕微鏡試料の氷包埋法(いわゆるクライオ電顕法)を開発しました。EMDBやPDBにある電子顕微鏡のエントリの大多数がこの方法を利用しています。
  • Joachim Frank (Columbia University, New York, USA)は、単粒子解析法を開拓しました。EMDBとPDBの電子顕微鏡エントリの大多数がこの解析法によるものです。また、広く利用されている画像解析ソフトェア「Spider」の開発者でもあります。EM Navigatorでもマップデータの画像作成などにSpiderを利用しています。
  • Richard Henderson (MRC Laboratory of Molecular Biology, Cambridge, UK)は電子顕微鏡による生体分子の立体構造解析の始祖です。電子顕微鏡による最初のPDBエントリであるPDB-1brdは、彼によるものです。

外部リンク: The 2017 Nobel Prize in Chemistry - Press Release

+
2017年7月12日: PDB大規模アップデート

PDB大規模アップデート

  • 新バージョンのPDBx/mmCIF辞書形式に基づくデータがリリースされました。今回の更新はバージョン番号が4から5になる大規模なもので、全エントリデータの書き換えが行われる「Remediation」というアップデートに該当します。詳細は下記のリンクをご覧ください。
  • このバージョンアップで、電子顕微鏡の実験手法に関する多くの項目の書式が改定されました(例:em_softwareなど)。EM NavigatorとYorodumiでも、この改定に基づいた表示内容になります。

外部リンク: wwPDB Remediation / OneDepデータ基準に準拠した、より強化された内容のモデル構造ファイルが、PDBアーカイブで公開されました。

+
2017年6月16日: Omokage検索で絞り込み

Omokage検索で絞り込み

  • Omokage検索の結果をキーワードとデータベースの種類で絞り込むことができるようになりました。

関連情報: Omokage検索

+
2016年9月15日: 新しくなったEM Navigatorと万見

新しくなったEM Navigatorと万見

  • EM Navigatorと万見を刷新しました

関連情報: 新しいEM Navigatorと万見の変更点 / EM Navigator (旧版) / 万見 (旧版)

すべてのお知らせ

-
EMNギャラリー

3DEMデータを画像で一覧

  • 分類はEM Navigator独自のものです。厳密な分類ではありません。

関連情報: EMDB / PDB / EM Navigator

他の情報も見る