[日本語] English
文献
- EMDB/PDB/SASBDBから引用されている文献のデータベース -

+
検索条件

キーワード
構造解析手法
著者・登録者
ジャーナル
IF

-
Structure paper

タイトルAnti-diabetic drug binding site in a mammalian K channel revealed by Cryo-EM.
ジャーナル・号・ページElife, Vol. 6, Year 2017
掲載日2017年10月24日
著者Gregory M Martin / Balamurugan Kandasamy / Frank DiMaio / Craig Yoshioka / Show-Ling Shyng /
PubMed 要旨Sulfonylureas are anti-diabetic medications that act by inhibiting pancreatic K channels composed of SUR1 and Kir6.2. The mechanism by which these drugs interact with and inhibit the channel has been ...Sulfonylureas are anti-diabetic medications that act by inhibiting pancreatic K channels composed of SUR1 and Kir6.2. The mechanism by which these drugs interact with and inhibit the channel has been extensively investigated, yet it remains unclear where the drug binding pocket resides. Here, we present a cryo-EM structure of a hamster SUR1/rat Kir6.2 channel bound to a high-affinity sulfonylurea drug glibenclamide and ATP at 3.63 Å resolution, which reveals unprecedented details of the ATP and glibenclamide binding sites. Importantly, the structure shows for the first time that glibenclamide is lodged in the transmembrane bundle of the SUR1-ABC core connected to the first nucleotide binding domain near the inner leaflet of the lipid bilayer. Mutation of residues predicted to interact with glibenclamide in our model led to reduced sensitivity to glibenclamide. Our structure provides novel mechanistic insights of how sulfonylureas and ATP interact with the K channel complex to inhibit channel activity.
リンクElife / PubMed:29035201 / PubMed Central
手法EM (単粒子)
解像度3.63 Å
構造データ

EMDB-7073, PDB-6baa:
Cryo-EM structure of the pancreatic beta-cell KATP channel bound to ATP and glibenclamide
手法: EM (単粒子) / 解像度: 3.63 Å

化合物

ChemComp-ATP:
ADENOSINE-5'-TRIPHOSPHATE / ATP / ATP, エネルギー貯蔵分子*YM / アデノシン三リン酸

ChemComp-GBM:
5-chloro-N-(2-{4-[(cyclohexylcarbamoyl)sulfamoyl]phenyl}ethyl)-2-methoxybenzamide / グリベンクラミド / 薬剤*YM / グリベンクラミド

由来
  • rattus norvegicus (ドブネズミ)
  • cricetus cricetus (クロハラハムスクー)
キーワードAdenosine Triphosphate (アデノシン三リン酸) / Animals (動物) / Binding Sites (結合部位) / Cricetinae / Cryoelectron Microscopy (低温電子顕微鏡法) / Glyburide / Hypoglycemic Agents / Kir6.2 channel / Models, Molecular / Potassium Channels, Inwardly Rectifying (カリウムチャネル) / Protein Binding (タンパク質) / Sulfonylurea Receptors / METAL TRANSPORT / KATP / SUR1 / Kir6.2 / sulfonylurea receptor

+
万見文献について

-
お知らせ

-
2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

New: 新型コロナ情報

  • 新ページ: EM Navigatorに新型コロナウイルスの特設ページを開設しました。

関連情報:Covid-19情報 / 2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

-
2020年3月5日: 新型コロナウイルスの構造データ

新型コロナウイルスの構造データ

関連情報:万見生物種 / 2020年8月12日: New: 新型コロナ情報

外部リンク:COVID-19特集ページ - PDBj / 今月の分子2020年2月:コロナウイルスプロテーアーゼ

+
2019年1月31日: EMDBのIDの桁数の変更

EMDBのIDの桁数の変更

  • EMDBエントリに付与されているアクセスコード(EMDB-ID)は4桁の数字(例、EMD-1234)でしたが、間もなく枯渇します。これまでの4桁のID番号は4桁のまま変更されませんが、4桁の数字を使い切った後に発行されるIDは5桁以上の数字(例、EMD-12345)になります。5桁のIDは2019年の春頃から発行される見通しです。
  • EM Navigator/万見では、接頭語"EMD-"は省略されています。

関連情報:Q: 「EMD」とは何ですか? / 万見/EM NavigatorにおけるID/アクセスコードの表記

外部リンク:PDBeのEMDBサイト / PDBjへお問い合わせ

+
2017年7月12日: PDB大規模アップデート

PDB大規模アップデート

  • 新バージョンのPDBx/mmCIF辞書形式に基づくデータがリリースされました。今回の更新はバージョン番号が4から5になる大規模なもので、全エントリデータの書き換えが行われる「Remediation」というアップデートに該当します。詳細は下記のリンクをご覧ください。
  • このバージョンアップで、電子顕微鏡の実験手法に関する多くの項目の書式が改定されました(例:em_softwareなど)。EM NavigatorとYorodumiでも、この改定に基づいた表示内容になります。

外部リンク:wwPDB Remediation / OneDepデータ基準に準拠した、より強化された内容のモデル構造ファイルが、PDBアーカイブで公開されました。

+
2017年6月16日: Omokage検索で絞り込み

Omokage検索で絞り込み

  • Omokage検索の結果をキーワードとデータベースの種類で絞り込むことができるようになりました。

関連情報:Omokage検索

すべてのお知らせ

-
万見文献

EMDB/PDB/SASBDBから引用されている文献のデータベース

  • EMDB/PDB/SASBDBのエントリから引用されている文献のデータベースです
  • Pubmedのデータを利用しています

関連情報:EMDB / PDB / SASBDB / 万見 (Yorodumi) / EMN文献 / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

他の情報も見る