このページの他言語版もあります: English

EMデータバンクがPDBアーカイブに追加されます
三次元電子顕微鏡法によって決定したマップの一次アーカイブ、EMデータバンク(EMDB)が、2012年3月7日にPDBアーカイブに追加されます。

EMDBの wwPDBへの統合によって、3DEMの結果は全て、一つのアーカイブに追加されます。 wwPDBは、様々な実験手法を網羅するようなCommon DepositionAnnotation Toolの開発を進めており、EMDBの統合は、DA Toolの開発において重要なステップとなります。

EMDBデータの追加によって、wwPDBアーカイブのサイズは現在の130GBからおよそ180GBへ増加します。wwPDBアーカイブのミラーサイトを運営されている方々は、データの増加に応じて容量を増やす必要がありますので、ご注意ください。

3DEMデータの利用者にとっての主な影響は、マップをダウンロードする場所(URL)が変更される点ですが、登録者には直接の影響はなく、マップとモデルの登録は、これまで通りEMdataBankで行います。 3DEMマップの登録にはEMDB IDが付与され、座標エントリの登録にはPDB IDが付与されます。

EMDBの統合とデータへのアクセス方法の詳細は http://wwpdb.org/em/ をご覧ください。

作成日: 2011-12-20