このページはRCSBの David S. Goodsell博士による「Molecule of the Month」2008年3月の記事を日本語に訳したものです。転載・引用については利用規約をご覧下さい。
「今月の分子」一覧に戻る / この記事のRCSBオリジナルサイト(英語)を見る
:翻訳 工藤高裕 (PDBj)
カドヘリン(赤、PDB:1l3w)とβカテニン(青、PDB:1i7x)

我々の身体は何兆個もの細胞からできていて、その全てが一緒になって働くことで生命を維持している。そして、一緒になるためには多くの「基盤構造」が必要となる。この「基盤構造」は多くの階層構造をとっており、大きな構造としては骨や腱がある。細胞間の空間は、丈夫な綱はシートの集まりでできている結合組織で埋められていることが多い。更に、密接した細胞サイズレベルの「基盤構造」は、隣接する細胞を直接接着するのに使われる。

接着タンパク質

カドヘリン(cadherin)は細胞を接着させる分子の一つである。細胞表面から長く伸びた構造をしている(右図)。その細胞外部分は、一連の折りたたまれたドメインが並んだ構造をしており(PDBエントリー 1l3w )、各ドメインにはカルシウムイオンが結合して全体構造を強固なものにしている。カルシウムイオンを取り除くと、この構造は柔らかくなり、タンパク質切断酵素によって簡単に破壊されてしまう。鎖の末端には特徴的なアミノ酸であるトリプトファン(右図上部にある赤色で示した部分)があって、これが隣の細胞に結合し、2つの細胞を接着させている。

カドヘリン分子の尾部は細胞膜(右図の四角い灰色で示した部分)と交わり、カテニン(catenin)タンパク質によって細胞骨格とつながっている。β-カテニン(右図下部の青い部分、PDBエントリー 1i7x )はカドヘリンの小さな尾部に結合して、細胞内部でぶら下がっている。ここには示していないα-カテニンは、β-カテニンとアクチンフィラメントの両方に結合する。

選択的接着性

カドヘリンには様々な種類があり、作り出す細胞の種類によって種類は異なっている。その違いはわずかなものであるが、相手を認識してしかるべき相手に対してのみ突き出している。例えば、ここに示したものは表皮細胞によって作られたものである。これらのカドヘリンは、それぞれ胚発生において重要な役割を果たす。成長中の細胞がしかるべき場所を認識し、その場所に定着するようにしむけている。胚の段階では、各細胞の接着は弱く自ら適切な場所へと移動していくが、その後組織の成熟すると各細胞間の接着は強められる。

細胞の接着

カドヘリンの接着(左はPDB:1q5a、中央はPDB:1q5a、右はPDB:1q5c)

カドヘリン分子は集まって側面同士が接着し、接着結合と呼ばれる大きな「つなぎ」を形成する。しかし、この結合においてカドヘリンがどのように並ぶのかは未だ議論されているところである。電子顕微鏡で構造を見ると、試料をどのように作ったかによって異なる形状を示す。ある方法では、カドヘリン同士が対称的に規則正しく並んだ配列を示し、隣接細胞の似た配列に接着する。また別の方法では、大きな鎖のもつれが見られ、届く範囲にある鎖なら何でも接着してしまう。ここに示したのはその両方の構造である。上図左側の分子は、X線結晶解析によるもので対称的な構造が示されている(PDBエントリー 1l3w )。上図中央と右の分子は、電子顕微鏡を使い原子構造を当てはめて得られたモデルである(PDBエントリー 1q5a1q5c )。このモデルでは鎖の並び方がよりランダムになっていることが分かる。

構造を見る

カドヘリン接着部とカルシウムイオン(PDB:1nci)

上の画像をクリックすると画像を対話的操作のできるモードに切り替えることができます。

上の画像をクリックすると画像を対話的操作のできるモードに切り替えることができます。
上の画像をクリックすると画像を対話的操作のできるモードに切り替えることができます。

2つのカドヘリンタンパク質の接着結合は、一方の分子中にあるトリプトファン(上図の赤と黄色の球)が伸びてもう一方の分子にあるくぼみに結合した時に形成される。その状態の構造はPDBエントリー 1l3w で見ることができる。上図を見ると、3つのカルシウムイオン(緑の球)がドメインの間にあることが分かる。これが構造全体を安定化させている。なお、このエントリーで対話的に操作して構造を見るには、少し面倒な操作が必要となる。というのは、2つ目の分子構造を見るには、結晶構造の変換(Y軸に関して180°回転、すなわち座標を -x, y, -z としたもの)が必要だからである。より簡単に構造を見るには、PDBエントリー 1nci の方が適している。このエントリーには、2つの分子の末端ドメインの情報だけが含まれている。

2008/02/27 にPDBで "cadherin" のキーワードで検索した結果リストをこちらのリストに掲載しています。

2008/02/27 キーワード検索による関連PDBエントリー一覧
このリストを閉じるには右上の×をクリックして下さい
PDB ID Title Authors Publication Year Journal Name Volume No First Page Pubmed ID
1edh Structural basis of calcium-induced E-cadherin rigidification and dimerization. Nagar, B., Overduin, M., Ikura, M., Rini, J.M. 1996 Nature 380 360 8598933
1ff5 A new crystal structure, Ca2+ dependence and mutational analysis reveal molecular details of E-cadherin homoassociation. Pertz, O., Bozic, D., Koch, A.W., Fauser, C., Brancaccio, A., Engel, J. 1999 EMBO J. 18 1738 10202138
1h6g Crystal structure of the M-fragment of alpha-catenin: implications for modulation of cell adhesion. Yang, J., Dokurno, P., Tonks, N.K., Barford, D. 2001 EMBO J. 20 3645 11447106
1i7w The structure of the beta-catenin/E-cadherin complex and the molecular basis of diverse ligand recognition by beta-catenin. Huber, A.H., Weis, W.I. 2001 Cell 105 391 11348595
1i7x
1jpp Molecular mechanisms of beta-catenin recognition by adenomatous polyposis coli revealed by the structure of an APC-beta-catenin complex. Eklof Spink, K., Fridman, S.G., Weis, W.I. 2001 EMBO J. 20 6203 11707392
1jpw Structure of a human Tcf4-beta-catenin complex. Poy, F., Lepourcelet, M., Shivdasani, R.A., Eck, M.J. 2001 Nat.Struct.Biol. 8 1053 11713476
1l3w C-cadherin ectodomain structure and implications for cell adhesion mechanisms Boggon, T.J., Murray, J., Chappuis-Flament, S., Wong, E., Gumbiner, B.M., Shapiro, L. 2002 Science 296 1308 11964443
1l7c Biochemical and structural definition of the l-afadin- and actin-binding sites of alpha-catenin. Pokutta, S., Drees, F., Takai, Y., Nelson, W.J., Weis, W.I. 2002 J.Biol.Chem. 277 18868 11907041
1luj The crystal structure of the beta-catenin/ICAT complex reveals the inhibitory mechanism of ICAT. Graham, T.A., Clements, W.K., Kimelman, D., Xu, W. 2002 Mol.Cell 10 563 12408824
1ncg Structural basis of cell-cell adhesion by cadherins. Shapiro, L., Fannon, A.M., Kwong, P.D., Thompson, A., Lehmann, M.S., Grubel, G., Legrand, J.F., Als-Nielsen, J., Colman, D.R., Hendrickson, W.A. 1995 Nature 374 327 7885471
1nch
1nci
1ncj Structure-function analysis of cell adhesion by neural (N-) cadherin. Tamura, K., Shan, W.S., Hendrickson, W.A., Colman, D.R., Shapiro, L. 1998 Neuron 20 1153 9655503
1o6s Structure of internalin, a major invasion protein of Listeria monocytogenes, in complex with its human receptor E-cadherin. Schubert, W.D., Urbanke, C., Ziehm, T., Beier, V., Machner, M.P., Domann, E., Wehland, J., Chakraborty, T., Heinz, D.W. 2002 Cell 111 825 12526809
1o6t
1o6v
1op4 Structure of the Neural (N-) Cadherin Prodomain Reveals a Cadherin Extracellular Domain-like Fold without Adhesive Characteristics Koch, A.W., Farooq, A., Shan, W., Zeng, L., Colman, D.R., Zhou, M.-M. 2004 Structure 12 793 15130472
1q1p Proteolytic E-cadherin activation followed by solution NMR and X-ray crystallography. Haussinger, D., Ahrens, T., Aberle, T., Engel, J., Stetefeld, J., Grzesiek, S. 2004 Embo J. 23 1699 15071499
1q55 Untangling Desmosomal Knots with Electron Tomography He, W., Cowin, P., Stokes, D.L. 2003 Science 302 109 14526082
1q5a
1q5b
1q5c
1suh 1H, 15N and 13C resonance assignments and monomeric structure of the amino-terminal extracellular domain of epithelial cadherin. Overduin, M., Tong, K.I., Kay, C.M., Ikura, M. 1996 J.Biomol.NMR 7 173 8785495
1t08 Mechanism of phosphorylation-dependent binding of APC to beta-catenin and its role in beta-catenin degradation Ha, N.-C., Tonozuka, T., Stamos, J.L., Choi, H.J., Weis, W.I. 2004 Mol. Cell 15 511 15327768
1wuz Structural diversity of the first cadherin domains revealed by the structure of CNR/Protocadherin alpha Morishita, H., Umitsu, M., Yamaguchi, T., Murata, Y., Shibata, N., Udaka, K., Higuchi, Y., Akutsu, H., Yagi, T., Ikegami, T. n/a To be Published n/a n/a n/a
1zvn Type II cadherin ectodomain structures: implications for classical cadherin specificity. Patel, S.D., Ciatto, C., Chen, C.P., Bahna, F., Rajebhosale, M., Arkus, N., Schieren, I., Jessell, T.M., Honig, B., Price, S.R., Shapiro, L. 2006 Cell (Cambridge,Mass.) 124 1255 16564015
1zxk
2a4c
2a4e
2a62
2o72 The Crystal Structure of Human E-cadherin Domains 1 and 2, and Comparison with other Cadherins in the Context of Adhesion Mechanism Parisini, E., Higgins, J.M.G., Liu, J.-H., Brenner, M.B., Wang, J.-H. 2007 J.Mol.Biol. 373 401 17850815
2omt Thermodynamically reengineering the listerial invasion complex InlA/E-cadherin. Wollert, T., Heinz, D.W., Schubert, W.D. 2007 Proc.Natl.Acad.Sci.Usa 104 13960 17715295
2omu
2omx
2omz
2omv Extending the Host Range of Listeria monocytogenes by Rational Protein Design Wollert, T., Pasche, B., Rochon, M., Deppenmeier, S., van den Heuvel, J., Gruber, A.D., Heinz, D.W., Lengeling, A., Schubert, W.D. 2007 Cell(Cambridge,Mass.) 129 891 n/a
2omw
2omy
2yqg Solution structure of the first cadherin domain from human Desmoglein-2 Sano, R., Hayashi, F., Yoshida, M., Yokoyama, S. n/a To be Published n/a n/a n/a
2yst Solution structure of the third cadherin domain from human protocadherin 7 Seimiya, K., Yoshida, M., Hayashi, F., Yokoyama, S. n/a To be Published n/a n/a n/a

カドヘリンについてさらに知りたい方へ

以下の参考文献もご参照ください。

  • S. Pokutta and W. I. Weis 2007 Structure and Mechanism of Cadherins and Catenins in Cell-Cell Contacts. Annual Review of Cell and Developmental Biology 23 237-261
  • J. M. Gooding, K. L. Yap and M. Ikura 2004 The Cadherin-Catenin Complex as a Focal Point of Cell Adhesion and Signalling: New Insights from Three-dimensional Structures. BioEssays 26 497-511



「今月の分子」一覧に戻る
2008-03-01 (last edited: 7 months ago)2016-09-09
PDBj@FacebookPDBj@TwitterwwPDBwwPDB FoundationEM DataBank

Copyright © 2013-2017 日本蛋白質構造データバンク