このページはRCSBの David S. Goodsell博士による「Molecule of the Month」2005年10月の記事を日本語に訳したものです。転載・引用については利用規約をご覧下さい。
「今月の分子」一覧に戻る / この記事のRCSBオリジナルサイト(英語)を見る
:翻訳 工藤高裕 (PDBj)
人工設計タンパク質Top7(PDB:1qys) 左はリボン形式、右は空間充填形式で表示

タンパク質について学び、どのように働くのかを知れば知るほど、その知識を利用し自分でいじくってみたくなるものである。1980年代の初めより、科学者たちはこれまでにタンパク質の構造と機能に関して分かってきたことを既存タンパク質の再設計に利用してきた。そして更に最近になって、全く新たなタンパク質の設計にも利用されるようになった。

タンパク質の設計

科学者たちは新規タンパク質の探究を始めるとすぐに、タンパク質が今まで見てきた以上に複雑であることに気づいた。それぞれ固有の化学的性質を持った様々な種類のアミノ酸は協同してタンパク質を折りたたみ、コンパクトで安定した構造にしている。ロイシン(leucine)やフェニルアラニン(phenylalanine)のように炭素が豊富なアミノ酸の集まりは通常タンパク質内部に置かれる。これらのアミノ酸は全て協同しタンパク質の構造をしっかり固定するために選ばれたものである。一方、リジン(lysine)やアスパラギン酸(aspartic acid)のように電荷を持ったアミノ酸はタンパク質の表面に分布していることが多く、タンパク質が水に溶けられるようにしている。セリン(serine)やアスパラギン(asparagine)のように水素結合を作るアミノ酸はタンパク質配列上で離れた場所に同士を結びつける重要な場所に点在している。最後に、グリシン(glycine)やプロリン(proline)のように変わったアミノ酸が、鎖を適切な方向へと向け直すために追加される。

負の設計

この都合のよい力の組み合わせによってタンパク質鎖は安定な状態に留まる。しかしこれはタンパク質設計の第一段階に過ぎない。うまく折りたたまれるタンパク質を設計するには、タンパク質が持つ安定な状態がたった1つしかないことも確かめる必要がある。もしそのタンパク質に他の折りたたみ様式があるなら、目的とする構造と競合して新たなタンパク質の構築に失敗するだろう。だから、安定なタンパク質構造を設計するだけでは不十分で、他のあらゆる配置が不安定になるよう設計することも必要なのである。

スタートラインからのタンパク質

何十年にもわたるタンパク質構造研究の積み重ねにより、米国シアトル(Seattle)のフレッド・ハッチンソンがん研究センター(Fred Hutchinson Cancer Research Center)とワシントン大学(University of Washington)の研究者たちは、これら正負の設計要素の重み付けにより完全に新しいタンパク質を作ることに成功した。彼らは、上図左に示すように、今まで自然界で見たことのない折りたたみ構造で始めた。そして、計算的方法を用いてこの折りたたみ構造に適当なアミノ酸配列を設計した。彼らがTop7と呼ぶこのタンパク質を作った時、確かにPDBエントリー 1qys で見ることができるように折りたたまれて設計通りの構造をとっていたのである。

驚くべきαらせん

左からGCN4(PDB:2zta)、コイルセリン(PDB:1cos)、α3D(PDB:2a3d)、RH4(PDB:1rh4)、DF2(PDB:1jmb)

よくあるタンパク質設計の方法は、天然のタンパク質から始めて、それに変更を加えるというものである。多くのグループはαらせん(alpha helix)でできている特に安定な構造に注目してきた。GCN4タンパク質は酵母(yeast)の転写活性化因子(transcriptional activator)で、ロイシンジッパー(leucine zipper)でつながった2つの鎖でできている。なおこのロイシンジッパーとは、片側にたくさんのロイシンを含んだαらせんでできている特別な配列である。ロイシンは合わさってジッパーが締められるようきっちり間隔を空け、2つのαらせんをくっつけている。その様子が上図左端(PDBエントリー 2zta )に示されている。最初にこのタンパク質から話すのは、多くのグループがこの原則に基づいて新しいタンパク質を設計しているからである。その右にあるコイルセリン(Coil-Ser、PDBエントリー 1cos )はαらせんを作る3つの短いタンパク質鎖でできており、それらが集まって強固な束を形成する。次のα3D(alpha3D、PDBエントリー 2a3d は1本の鎖で構成され、それが折りたたまれて短いループでつながれた3つのαらせんで構成される束となっている。RH4(PDBエントリー 1rh4 )は、αらせんの束の特徴的なねじれを取り除くよう内部のアミノ酸を注意深く選択して人工的に設計されたものである。αらせんが他の構造とは異なる傾き方をしていることに注目して欲しい。最後に、右端に示すタンパク質DF2(PDBエントリー 1jmb )で金属結合部位を付加しているように、今これらの人工タンパク質に新たな機能を持たせる設計が行なわれている。

構造をみる

左:TC5b(PDB:1l2y) 右:pda8d(PDB:1psv)

タンパク質設計が目指す目標の一つは、生物工学や医薬に用いる小さなタンパク質を作り出すことである。いくつかのグループは、天然のタンパク質から小さくて安定なドメインを取り出し、望んだ折りたたみ構造を安定化させるためにアミノ酸を再設計して小さなタンパク質を作り出している。ここでは2つの事例を示す。左に示すTC5b(PDBエントリー 1l2y )の基本的な折りたたみ構造はアメリカドクトカゲ(Gila monster)に見られるタンパク質から取り出されたもので、その両端を切り捨ててより安定性が増すよう再設計したものである。ど真ん中(星印で示した)にはプロリン(proline)に囲まれたトリプトファン(tryptophan)があり、それらが協同して構造を安定化させている。右に示すpda8d(PDBエントリー 1psv )やここには示していないFSD-1(PDBエントリー 1fsd )は、折りたたみ構造をジンクフィンガーからとり、折りたたみにもはや亜鉛が必要ないよう再設計されたものである。星印で示す中央部分には炭素が豊富なアミノ酸の塊があり、表面は電荷を持つ多くのアミノ酸で飾られている。

この他の人工設計タンパク質、または"de novo"タンパク質の一覧をこちらのリストに掲載しています。

2005/09/29 の検索による関連PDBエントリー一覧
このリストを閉じるには右上の×をクリックして下さい
PDB ID Title Authors Publication Year Journal Name Volume No First Page Pubmed ID
1abz Solution structure of alpha t alpha, a helical hairpin peptide of de novo design. Y.Fezoui, P.J.Connolly, J.J.Osterhout 1997 Protein Sci. 6 1869 9300486
1bb1 Crystal Structure of a Designed, Thermostable, Heterotrimeric Coiled Coil S.Nautiyal, T.C.Alber 1999 Protein Sci. 8 84 10210186
1byz Packed protein bilayers in the 0.90 angstrom resolution structure of a designed alpha helical bundle. G.G.Prive, D.H.Anderson, L.Wesson, D.Cascio, D.Eisenberg 1999 Protein Sci. 8 1400 n/a
1coi The crystal structure of the designed trimeric coiled coil coil-VaLd: implications for engineering crystals and supramolecular assemblies. N.L.Ogihara, M.S.Weiss, W.F.Degrado, D.Eisenberg 1997 Protein Sci. 6 80 9007979
1e65 Crystal Structure of Pseudomonas Aeruginosa Apo-Azurin at 1.84 A Resolution H.Nar , A.Messerschmidt, R.Huber, M.Van De Kamp, G.W.Canters 1992 FEBS Lett. 306 119 1633865
1fsd De novo protein design: fully automated sequence selection. B.I.Dahiyat, S.L.Mayo 1997 Science 278 82 9311930
1fsv
1g6u Design of Three-Dimensional Domain-Swapped Dimers and Fibrous Oligomers N.L.Ogihara, G.Ghirlanda, J.W.Bryson, M.Gingery, W.F.Degrado, D.Eisenberg 2001 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 98 1404 11171963
1hqj Design of a Minimal Protein Oligomerization Domain by a Structural Approach P.Burkhard, M.Meier, A.Lustig 2001 Protein Sci. 9 2294 11206050
1ic9 Design of a Discretely Folded Mini-Protein Motif with Predominantly B-Structure J.J.Ottesen, B.Imperiali 2001 Nat. Struct. Biol. 8 535 11373623
1icl
1ico
1j4m Combinatorial Approaches: A New Tool to Search for Highly Structured Beta-Hairpin Peptides M.T.Pastor, M.Lopez De La Paz, E.Lacroix, L.Serrano, E.Perez-Paya 2002 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 99 614 11782528
1k43
1jm0 Toward the De Novo Design of a Catalytically Active Helix Bundle: A Substrate-Accessible Carboxylate-Bridged Dinuclear Metal Center L.Di Costanzo, H.Wade, S.Geremia, L.Randaccio, W.F.Degrado, V.Pavone, A.Lombardi 2001 J. Am. Chem. Soc. 123 12749 11749531
1jmb
1jy4 Design and Construction of an Open Multistranded Beta-Sheet Polypeptide Stabilized by a Disulfide Bridge J.Venkatraman, G.A.Nagana Gowda, P.Balaram 2002 J. Am. Chem. Soc. 124 4987 11982362
1jy6
1jy9 Length-Dependent Stability and Strand Length Limits in Antiparallel Beta-Sheet Secondary Structure H.E.Stanger, F.A.Syud, J.F.Espinosa, I.Giriat, T.Muir, S.H.Gellman 2001 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 98 12015 11593011
1k09 Betacore, a Designed Water Soluble Four-Stranded Antiparallel B-Sheet Protein N.Carulla, C.Woodward, G.Barany 2002 Protein Sci. 11 1539 12021452
1kyc Improving Coiled-Coil Stability by Optimizing Ionic Interactions P.Burkhard, S.Ivaninskii, A.Lustig 2002 J. Mol. Biol. 318 901 12054832
1l2y Designing a 20-Residue Protein J.W.Neidigh, R.M.Fesinmeyer, N.H.Andersen 2002 Nat. Struct. Biol. 9 425 11979279
1l4x Removing an Interhelical Salt Bridge Abolishes Coiled-Coil Formation in a De Novo Designed Peptide M.Meier, A.Lustig, U.Aebi, P.Burkhard 2002 J. Struct. Biol. 137 65 12064934
1le0 Tryptophan Zippers: Stable, Monomeric Beta-Hairpins A.G.Cochran, N.J.Skelton, M.A.Starovasnik 2001 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 98 5578 11331745
1le1
1lq7 Structure of a De Novo Designed Protein Model of Radical Enzymes Q.-H.Dai, C.Tommos, E.J.Fuentes, M.Blomberg, P.L.Dutton, A.J.Wand 2002 J. Am. Chem. Soc. 124 10952 12224922
1lt1 Sliding Helix and Change of Coordination Geometry in a Model Di-Mnii Protein W.F.Degrado, L.Di Costanzo, S.Geremia, A.Lombardi, V.Pavone, L.Randaccio 2003 Angew. Chem. Int. Ed. Eng. 42 417 12569505
1m3w X-Ray Structure of a Maquette Scaffold S.S.Huang, B.R.Gibney, S.E.Stayrook, P.L.Dutton, M.Lewis 2003 J. Mol. Biol. 326 1219 12589764
1mft Analysis and Design of Turns in Alpha-Helical Hairpins S.J.Lahr, D.E.Engel, S.E.Stayrook, O.Maglio, B.North, S.Geremia, A.Lombardi, W.F.Degrado 2005 J. Mol. Biol. 346 1441 15713492
1u7j
1u7m
1y47
1n09 Stability of Cyclic Beta-Hairins: Asymmetric Contributions from Side Chains of a Hydrogen-Bonded Cross-Strand Residue Pair S.J.Russell, T.Blandl, N.J.Skelton, A.G.Cochran 2003 J. Am. Chem. Soc. 125 388 12517150
1n0a Turn Stability in Beta-Hairpin Peptides: Investigation of Peptides Containing 3:5 Type I G1 Bulge Turns T.Blandl, A.G.Cochran, N.J.Skelton 2003 Protein Sci. 12 237 12538887
1n0c Stability of Cyclic Beta-Hairpins: Asymmetric Contributions from Side Chains of a Hydrogen-Bonded Cross-Strand Residue Pair S.J.Russel, T.Blandl, N.J.Skelton, A.G.Cochran 2003 J. Am. Chem. Soc. 125 388 12517150
1n0d Stability of Cyclic Beta-Hairpins: Asymmetric Contibutions from Side Chains of Hydrogen Bonded Cross-Strand Residue Pair S.J.Russell, T.Blandl, N.J.Skelton, A.G.Cochran 2003 J. Am. Chem. Soc. 125 388 12517150
1na0 Design of Stable Alpha-Helical Arrays from an Idealized Tpr Motif E.Main, Y.Xiong, M.Cocco, L.D'Andrea, L.Regan 2003 Structure 11 497 12737816
1na3
1ovr Crystallographic Study of Artificial Metalloproteins with 4-Helix Bundle Motif L.Di Costanzo, S.Geremia, L.Randaccio n/a To be Published n/a n/a n/a
1ovu Phasing Protein Structures Using the Group-Subgroup Relation L.Di Costanzo, F.Forneris, S.Geremia, L.Randaccio 2003 Acta Crystallogr., Sect.D 59 1435 12876346
1ovv
1p68 Solution Structure of a De Novo Protein from a Designed Combinatorial Library Y.Wei, S.Kim, D.Fela, J.Baum, M.H.Hecht n/a Proc. Nat. Acad. Sci. USA 100 13270 14593201
1pbz De Novo Designed Cyclic-Peptide Heme Complexes M.M.Rosenblatt, J.Wang, K.S.Suslick 2003 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 100 13140 14595023
1psv De novo protein design: towards fully automated sequence selection. B.I.Dahiyat, C.A.Sarisky, S.L.Mayo 1997 J. Mol. Biol. 273 789 9367772
1q4f De Novo Design and Characterization of a Helical Hairpin Eicosapeptide; Emergence of an Anion Receptor in the Linker Region. Rudresh, S.Ramakumar, U.A.Ramagopal, Y.Inai, S.Goel, D.Sahal, V.S.Chauhan 2004 Structure 12 389 15016355
1qp6 Solution Structure of Alpha2D, a Nativelike De Novo Designed Protein R.B.Hill, W.F.Degrado 1998 J. Am. Chem. Soc. 120 1138 n/a
1qys Design of a Novel Globular Protein Fold with Atomic-Level Accuracy B.Kuhlman, G.Dantas, G.C.Ireton, G.Varani, B.L.Stoddard, D.Baker 2003 Science 302 1364 14631033
1rh4 High-resolution protein design with backbone freedom. P.B.Harbury, J.J.Plecs, B.Tidor, T.Alber, P.S.Kim 1998 Science 282 1462 9822371
1rij Design and Characterization of Helical Peptides that Inhibit the E6 Protein of Papillomavirus. Y.Liu, Z.Liu, E.Androphy, J.Chen, J.D.Baleja 2004 Biochemistry 43 7421 15182185
1s9z Exploring Amyloid Formation by a De Novo Design R.A.Kammerer, D.Kostrewa, J.Zurdo, A.Detken, J.D.Green, B.H.Meier, F.K.Winkler, C.M.Dobson, M.O.Steinmetz 2004 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 101 4435 15070736
1sn9 X-Ray Structure Analysis of a Designed Oligomeric Miniprotein Reveals a Discrete Quaternary Architecture M.H.Ali, E.Peisach, K.N.Allen, B.Imperiali 2004 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 101 12183 15302930
1sna
1sne
1t8j Design and NMR Analyses of Compact, Independently Folded Bba Motifs M.D.Struthers, J.J.Ottesen, B.Imperiali 1998 Fold. Des. 3 95 9565754
1tgg Structural Test of the Parameterized-Backbone Method for Protein Design J.J.Plecs, P.B.Harbury, P.S.Kim, T.Alber 2004 J. Mol. Biol. 342 289 15313624
1tjb Structural Origin of the High Affinity of a Chemically Evolved Lanthanide-Binding Peptide M.Nitz, M.Sherawat, K.J.Franz, E.Peisach, K.N.Allen, B.Imperiali 2004 Angew. Chem. Int. Ed. Eng. 43 3682 15248272
1vl3 Design of a New Mimochrome with Unique Topology. A.Lombardi, F.Nastri, D.Marasco, O.Maglio, G.De Sanctis, F.Sinibaldi, R.Santucci, M.Coletta, V.Pavone 2003 Chemistry 9 5643 14639648
1xof Design of a Heterospecific, Tetrameric, 21-Residue Miniprotein with Mixed Alpha/Beta Structure. M.H.Ali, C.M.Taylor, G.Grigoryan, K.N.Allen, B.Imperiali, A.E.Keating 2005 Structure 13 225 15698566
1zsz Specificity Versus Stability in Computational Protein Design. D.N.Bolon, R.A.Grant, T.A.Baker, R.T.Sauer 2005 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 102 12724 n/a
2a3d Solution Structure and Dynamics of a De Novo Designed Three Helix Bundle Protein S.T.R.Walsh, H.Cheng, J.W.Bryson, H.Roder, W.F.Degrado 1999 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 96 5486 10318910
3al1 Centrosymmetric Bilayers in the 0.75A Resolution Structure of a Designed Alpha-Helical Peptide, D, L-Alpha-1 W.R.Patterson, D.H.Anderson, W.F.Degrado, D.Cascio, D.Eisenberg 1999 Protein Sci. 8 1410 10422829
4hb1 A designed four helix bundle protein with native-like structure. C.E.Schafmeister, S.L.LaPorte, L.J.Miercke, R.M.Stroud 1997 Nat. Struct. Biol. 4 1039 9406555

人工設計タンパク質についてさらに知りたい方へ

以下の参考文献もご参照ください。

  • J. S. Richardson and D. C. Richardson 1989 The de novo design of protein structures. Trends in Biochemical Sciences 14 304-309
  • W. F. DeGrado, C. S. Summa, V. Pavone, F. Nastri and A. Lombardi 1999 De novo design and structural characterization of proteins and metalloproteins. Annual Review of Biochemistry 68 779-819



「今月の分子」一覧に戻る
2005-10-01 (last edited: 7 months ago)2016-09-09
PDBj@FacebookPDBj@TwitterwwPDBwwPDB FoundationEM DataBank

Copyright © 2013-2017 日本蛋白質構造データバンク