101: プリオン (Prions)
このページはRCSBの David S. Goodsell博士による「Molecule of the Month」2008年5月の記事を日本語に訳したものです。転載・引用については利用規約をご覧下さい。
「今月の分子」一覧に戻る / この記事のRCSBオリジナルサイト(英語)を見る
:翻訳 工藤高裕 (PDBj)

正常型PrPプリオンたんぱく質(左:PDB:1qm2+脂質、糖鎖 中央:PDB:1oei 右:PDB:1skh)

プリオンは通常型と誤った様式で折りたたまれた異常型という2つの型をとることができるたんぱく質である。ただこれは別に珍しいことではないように思われる、というのも他のたんぱく質の多くも柔軟性があって複数の異なる型をとることができるからである。しかし、プリオンには「異常型プリオンは、通常型プリオンを異常型に変えることができる」という他のたんぱく質にはない特徴を持っている。こうして、少しの異常型プリオンがあるだけで、正常型プリオンは次々と異常型に変換され、正常型プリオン集合体全体を異常型に変えることができてしまう。この現象は、異常型たんぱく質の濃度上昇という致命的な結果を招きうる。例えば、PrPプリオンの異常型はヒトやその他の動物に致命的な神経系疾患を引き起こす。さらに悪いことに、異常型プリオンには感染性があり、少しの異常型プリオンを服用だけで感染しその生命体を完全にこわしてしまう。

狂牛と人食

プリオンたんぱく質PrPの通常型(右図)は神経細胞の表面で見られるが、異常型に変化すると長い繊維状になって集まり、それが通常の脳の機能を妨げる。感染は、たった少しの異常型たんぱく質が食事で取り込まれたり、怪我をした時の血液を通して偶然入り込んだりして起こる。壊滅的な事例がパプアニューギニアの地元民の間で発生したが、その地方では葬儀の一部として人を食する儀式が行われていた。この流行はおそらく、自然発生的に病気になったある1人の人間から始まったものだろう(PrPたんぱく質は時々勝手に異常型状態になるが、これがごくまれに突発的な発病の原因となっている)。そして異常型プリオンは、感染したヒトが食べられることでその社会の中に広まっていった。さらに最近になって、狂牛病(mad cow disease)の原因となっているプリオンが、狂牛病にかかった牛の肉を食べることによってヒトにも広がりうることが心配されるようになっている。牛のPrPたんぱく質はヒトのPrPたんぱく質と非常に似ていて、同じような様式の感染事例がいくつか知られている。

プリオンたんぱく質

正常型プリオンPrPはいくつかの部分から構成されている柔軟なたんぱく質である。右に示した図は3つのPDBファイルのデータで構成されている。最も大きな左のドメインはPDBエントリー 1qm2 のものである。下部には脂質が結合し、通常はたんぱく質を神経細胞の表面につなぎとめている。また上部にも2つ炭化水素鎖が結合している(これらは全てオレンジ色で示されている、PDBファイルには含まれていない分子である)。たんぱく質鎖の残りの部分は柔軟性が高く、NMR分光分析によって研究された2つの部位の構造がPDBエントリー 1oei1skh で報告されている。長年の熱心な研究にも関わらず、PrPにはまだ多くの謎が残っている。PrPは神経細胞で見つかるが、その正確な機能はまだ推論の域を出ていない。しかも、研究者はPrPの異常型(感染性のある状態)の構造をまだ発見していない。しかし、次に紹介する構造を見れば、そこで何が起こっているのか見当がつくだろう。

機能的なプリオン

菌類のつくるプリオンたんぱく質の誤った折り畳み型(PDB:2rnm)

自然はいつも驚きに満ちているが、プリオンもその例外ではない。プリオンはヒトやその他の動物に恐ろしい病気を引き起こす一方で、他の生物では特定の役目を担っている。例えば、右図に示すプリオンたんぱく質HET-sをつくる菌類がいる。このたんぱく質はPDBエントリー 2rnm のもので、異常型をとっているものである。このたんぱく質は菌類の成長において特別な役割を持っている。ある個体は1つの型しかとらない種類のHET-sたんぱく質を持ち、また別の個体は2つの型をとることができる少し違った種類のたんぱく質を持つ。隣り合った菌の集団が出会うと、細胞を融合させて一緒になり、大きな多核細胞を形成するのがよく見られる。ところが、適合しないHET-sたんぱく質の型を持つ細胞同士が融合するとその融合細胞は死んでしまう。この仕組みは有利な点があると思われる。なぜなら、集団の多様性を高め、集団の隔離状態を維持し、おそらくウイルス感染の広がりが抑えているからである。

プリオン繊維

HET-sたんぱく質(PDB:2rnm)

上の画像をクリックすると画像を対話的操作のできるモードに切り替えることができます。

異常型状態にあると、プリオンは強固な繊維を形成する。最初に観察されたこの類の繊維の構造をPDBエントリー 2rnm で見ることができる。このエントリーは、菌類のHET-sたんぱく質の一部分を含んだもので、6つの鎖から構成されており、積み重なって長いコイル状の構造をとっている。白で示した疎水性アミノ酸は三角形の窪みの中に包み込まれ、それが全体構造を安定化させている。

2008/04/30 にキーワード「prion」でPDBエントリー を検索して作成した関連エントリー一覧はこちらのリスト

プリオンについてさらに知りたい方へ

正常型PrPプリオンたんぱく質(左:PDB:1qm2+脂質、糖鎖 中央:PDB:1oei 右:PDB:1skh)

以下の参考文献もご参照下さい。

  • D. M. Fowler, A. V. Koulov, W. E. Balch and J. W. Kelley 2007 Functional amyloid--from bacteria to humans. Trends in Biochemical Sciences 32 217-224
  • D. A. Harris and H. L. True 2006 New insights into prion structure and toxicity. Neuron 50 353-357
  • J. Collinge 2005 Molecular neurology of prion disease. Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry 76 906-919
  • J. Collinge 1999 Variant Creutzfeldt-Jakob disease. Lancet 354 317-323 (a review of infection of humans by mad cow disease)
  • S. B. Prusiner, M. R. Scott, S. J. DeArmond and F. E. Cohen 1998 Prion protein biology. Cell 93 337-348



「今月の分子」一覧に戻る
Loading...
Loading