このページの他言語版もあります: English

はじめに

Molmilはインターネットに接続されたウェブ環境で利用するためにPDBjで開発した新しい分子閲覧ソフトで、できるだけ多くの環境で利用できるように設計されています。OpenGLによるGPUハードウェアアクセラレーションを用い、美しいグラフィックスと最適なパフォーマンスを実現します。 Molmilビューアは既存のサービスに組み込むだけではなく、jVと同じようにスタンドアロンビューアとしても用いることができます。

スタンドアロンビューアを使って、自身で作成したPDB、PDBML、mmCIF、mmJSONの各フォーマットファイルを読み込むことができるだけではなく、PDB IDやChem Comp IDを指定して既存の構造を読み込むこともできます。 更に、jV用ポリゴンXMLファイルも読み込むことができます。 将来更に機能を追加していく予定です。また、機能追加のリクエストもお待ちしています。 また、Molmilを自分で作ったウェブサイトに埋め込むこともできます。その方法についてはこちらをご覧下さい。

利用方法

Molmilの使い方については下記ページを参照下さい。

利用環境

Molmilを利用する際、ご利用のブラウザを最新版に更新しておくことをお勧めします。 最新ではないSafariやOperaの中には、WebGLを有効化する必要があるものもあります。 また、ドライバが古すぎない(2010年12月31日以前ではない)ことも確認して下さい。

モバイル端末(スマートフォン、タブレット)のうちAndroid、Blackberry場合、Chrome、Firefox、Opera、Blackberryブラウザのいずれかで最新のものをお使い下さい。 iOS(iPhone、iPad)については、現在iOS 8.0は対応しています。

ブラウザがWebGLをサポートしている場合、この下に新しいMolmilビューアを表示することができるでしょう。


PDBID 1crn: 原子レベルの解像度で解いた疎水性たんぱく質の水構造。クランビン(crambin)の結晶内における水分子の5員環。

トラブルシューティング

2013-12-20 (last edited: 5 months ago)2016-08-28
PDBj@FacebookPDBj@TwitterwwPDBwwPDB FoundationEM DataBank

Copyright © 2013-2017 日本蛋白質構造データバンク
This is the static version of the PDBj web interface with limited functionality. Try the full version instead.