ムービーの操作

-

    -

    -


    方向:

    Jmolの状態

    -

    -

    ID:- 鎖:- 残基:- 原子:-
    English [日本語]
    - EMDB-1640: Saccharomyces cerevisiae(パン酵母)由来 V-ATPase(液胞型ATPアーゼ)の2.5 nm分解能の構造 -

    +
    データを開く

    IDまたはキーワード:

    読み込み中...

    データがありません

    -
    基本情報

    エントリ情報
    データベース: EMDB / ID: 1640
    タイトルStructure of the V-ATPase of Saccharomyces cerevisiae at 2.5 nm resolution
    キーワードV-ATPase / single particle / Stator
    試料V-ATPase
    由来Saccharomyces cerevisiae / 酵母 / Baker's Yeast / サッカロミセス・セレビシエ /
    マップデータV-ATPase of Sacharomyces cerevisiae
    手法単粒子再構成法, 25Å分解能
    データ登録者Diepholz M / Venzke D / Prinz S / Batisse C / Florchinger B / Rossle M / Svergun D / Bottcher B / Fethiere J
    引用Structure, 2008, 16, 1789-1798

    Structure, 2008, 16, 1789-1798 StrPapers
    A different conformation for EGC stator subcomplex in solution and in the assembled yeast V-ATPase: possible implications for regulatory disassembly.
    Meikel Diepholz / David Venzke / Simone Prinz / Claire Batisse / Beate Flörchinger / Manfred Rössle / Dmitri I Svergun / Bettina Böttcher / James Féthière

    日付登録: 2009年8月3日 / ヘッダ(付随情報) 公開: 2010年6月11日 / マップ公開: 2010年6月11日 / 最新の更新: 2009年8月3日

    -
    構造の表示

    ムービー
    • 表面図(断面を密度値に従い着色)
    • 表面レベル: 0.05
    • UCSF CHIMERAによる作画
    • ダウンロード
    • 表面図(円筒半径に従い着色)
    • 表面レベル: 0.05
    • UCSF CHIMERAによる作画
    • ダウンロード
    3D viewer /

    表示 / / 立体視:
    中心
    拡大
    スケール
    断面手前 <=> 奥

    固定: /
    方向
    方向 Rotation
    その他 /
    表示/非表示
    添付画像

    ダウンロードとリンク

    -
    マップデータ

    ファイルemd_1640.map.gz (map file in CCP4 format, 3908 KB)
    投影像・断面図画像のサイズ:
    Z (Sec.)Y (Row.)X (Col.)
    100 pix
    5.17 A/pix
    = 517. A
    100 pix
    5.17 A/pix
    = 517. A
    100 pix
    5.17 A/pix
    = 517. A

    表面

    投影像

    断面 (1/3)

    断面 (1/2)

    断面 (2/3)

    画像は Spiderにより作成

    ボクセルのサイズX=Y=Z: 5.17 A
    密度
    表面のレベル:0.05 (by author), 0.05 (ムービー #1)
    最小 - 最大-0.493566 - 0.977651
    平均 (標準偏差)0.00408422 (0.0519208)
    詳細

    EMDB XML:

    空間群番号1
    マップ形状
    Axis orderXYZ
    Dimensions100100100
    Origin000
    Limit999999
    Spacing100100100
    セルA=B=C: 517 A
    Alpha=beta=gamma: 90 deg.

    CCP4マップヘッダ:

    modeImage stored as Reals
    A/pix X/Y/Z5.175.175.17
    M x/y/z100100100
    origin x/y/z0.0000.0000.000
    length x/y/z517.000517.000517.000
    alpha/beta/gamma90.00090.00090.000
    start NX/NY/NZ-64-64-64
    NX/NY/NZ128128128
    MAP C/R/S123
    start NC/NR/NS000
    NC/NR/NS100100100
    D min/max/mean-0.4940.9780.004

    -
    添付データ

    -
    試料の構成要素

    -
    全体 V-ATPase

    全体名称: V-ATPase / 構成要素数: 1 / オリゴマーの状態: A3B3CDE3FG3Hac'c''c(5-8)d
    分子量理論値: 980 kDa

    -
    構成要素 #1: タンパク質, V-ATPase

    タンパク質名称: V-ATPase / 別称: V-ATPase / 組換発現: Yes
    由来生物種: Saccharomyces cerevisiae / 酵母 / Baker's Yeast / サッカロミセス・セレビシエ /
    由来(合成)発現系: Saccharomyces cerevisiae / 酵母 / サッカロミセス・セレビシエ /
    由来(天然)細胞器官: Vacuoles / 細胞中の位置: Vacuolar membranes / 細胞: SBY119 / 臓器・器官・組織: Inner membranes

    +
    実験情報

    -
    試料調製

    試料の状態粒子
    試料溶液緩衝液: Phosphate buffered Saline containing 0.1% Digitonin, 8% sucrose, 2% sorbitol, 2% glucose, Pefabloc SC (Roche), 13 tablets/l of complete EDTA-free Protease inhibitors
    pH: 7.1
    支持膜400 mesh copper grid
    染色The sandwich technique (Golas et al., 2003) was used to prepare negatively stained V-ATPase samples. Briefly, purified V-ATPase at a concentration of 0.03 mg/ml was adsorbed on a carbon film layered on a mica support at the carbon/mica interface. Subsequently, the carbon film with adsorbed particles was floated over the staining solution (2% uranyl acetate). After attachment of a copper grid to the dry surface of the carbon, a second carbon film was floated over the same staining solution. The protein/carbon/grid assembly was picked up with a piece of newspaper, turned upside down, and immersed in the solution. A sandwich of two carbon layers with the protein particles trapped in between is created by picking up the second carbon layer with the grid.
    急速凍結装置: NONE / 凍結剤: NONE

    -
    電子顕微鏡撮影

    撮影顕微鏡: FEI/PHILIPS CM200FEG
    電子銃電子線源: FIELD EMISSION GUN / 加速電圧: 200 kV / 照射モード: FLOOD BEAM
    レンズ倍率: 27500 X (公称値)
    非点収差(補正): Corrected at 200000 times magnification on graininess of carbon
    Cs: 2 mm / 撮影モード: BRIGHT FIELD
    試料ホルダホルダ: Eucentric / モデル: SIDE ENTRY, EUCENTRIC
    カメラディテクター: GENERIC CCD

    -
    画像取得

    画像取得デジタル画像の数: 400 / サンプリングサイズ: 14.22 microns / ビット深度: 12
    詳細: Images were recorded on CCD, no scanning, sampling step size was adjusted to calibrated image size

    -
    画像解析

    解析手法: 単粒子再構成法 / 投影像の数: 16300 / 想定した対称性: C1 (非対称)
    3次元再構成アルゴリズム: Projection matching / ソフトウェア: IMAGIC, SPIDER, EMAN
    詳細: Spider option BP 32F Back Projection - 3D, Sampled, Interpolated in Fourier space
    分解能: 25 A / 分解能の算定法: FSC 0.5

    +
    万見について

    -
    お知らせ

    -
    2016年9月15日: 新しくなったEM Navigatorと万見

    新しくなったEM Navigatorと万見

    • EM Navigatorと万見を刷新しました

    関連情報: 新しいEM Navigatorと万見の変更点 / EM Navigator (旧版) / 万見 (旧版)

    -
    2016年8月31日: 新しいEM Navigatorと万見

    新しいEM Navigatorと万見

    • これまで開発版として公開していたEM Navigatorと万見が、9月15日から正式版となります。
    • 現行版も「旧版」としてしばらく公開を継続します。

    関連情報: 新しいEM Navigatorと万見の変更点 / EM Navigator / 万見 (Yorodumi) / EM Navigator (旧版) / 万見 (旧版)

    +
    2016年4月13日: Omokage検索が速くなりました

    Omokage検索が速くなりました

    • データアクセスプロセスを見直し、計算時間をこれまでの半分程度に短縮しました。
    • これまで以上に、生体分子の「カタチの類似性」をお楽しみください!

    関連情報: Omokage検索

    +
    2016年3月3日: 2月19日の蛋白研セミナーでのプレゼンテーション(PDFファイル)

    すべてのお知らせ

    -
    万見 (Yorodumi)

    幾万の構造データを、幾万の視点から

    • 万見(Yorodumi)は、EMDB/PDB/SASBDBなどの構造データを閲覧するためのページです。
    • 旧バージョンのすべての機能をこちらに移植する予定です
    • EM Navigatorの詳細ページの後継、Omokage検索のフロントエンドも兼ねています。

    関連情報: 万見 (旧版) / EMDB / PDB / SASBDB / 3つのデータバンクの比較 / 万見検索 / 万見文献 / Jmol/JSmol / 新しいEM Navigatorと万見の変更点

    他の情報も見る